白血球増多症

血液検査

犬の白血球の異常(白血球増多症/低下症)を丁寧に解説

白血球は、生体の防御に関わる免疫を担当する役割を持ち、好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球の5つに分類されます。白血球数増加の原因として、感染症や炎症、アレルギーなどによって反応性に増加している場合と、造血器系腫瘍などで腫瘍性に増殖している場合があります。白血球減少の原因は白血球の消費が産生よりも多い激しい白血球の消費と、白血球が産生される骨髄に問題が起きている骨髄の問題に分類されます。
腫瘍

犬の骨髄性白血病を丁寧に解説

白血病は、血液のがんです。骨髄性白血病とは、骨髄の骨髄系の過程の細胞が腫瘍性増殖したものです。腫瘍化した骨髄内の腫瘍細胞(白血病細胞)は、徐々に増殖し骨髄を占拠していきます。そうすると、正常な血球系細胞が減少し、貧血、好中球減少、血小板減少などがみられるようになります。
腫瘍

犬のリンパ性白血病を丁寧に解説

白血病は、血液のがんです。リンパ性白血病とは、骨髄のリンパ系の過程の細胞が腫瘍性増殖したものです。腫瘍化した骨髄内の腫瘍細胞(白血病細胞)は、徐々に増殖し骨髄を占拠していきます。そうすると、正常な血球系細胞が減少し、貧血、好中球減少、血小板減少などがみられるようになります。
生殖器の病気

犬の子宮蓄膿症を丁寧に解説

子宮蓄膿症は、中年齢の未避妊雌にみられる一般的な病気で、発症の平均年齢は8〜10歳で、発情出血開始後1〜2ヵ月頃に発症することが多いです。これは、病気の発症に黄体ホルモン(プロジェステロン)が関与しているためです。
タイトルとURLをコピーしました