犬の小眼球症

人では先天的に発症し、その多くが全盲になるといわれる小眼球症。盲目のピアニスト・辻井伸行さんにより、世に知られるようになりました。

犬の眼球の先天的な疾患の一つで、眼球が小さいことからこの名が付けられた、犬の小眼球症について解説します。

小眼球症とは

小眼球症とは、先天的に眼球の小さい状態をいい、大きく二つの病態があるとされています。一つは眼球が小さいとともに、角膜、水晶体、ぶどう膜、硝子体、網膜などにも先天異常を認める場合(多発性眼奇形)と、眼球の構造すべてが小さいだけで異常を認めない場合があります。

人の小眼球症は、染色体の欠損が原因とされており、眼球の形成時に体液の排出が不完全で、眼球の形成が不十分となるため起こるとされています。また、人の発生頻度は約10,000人に1人といわれています。

犬の小眼球症
先天的に眼球の小さい状態

小眼球症の症状

小眼球症は犬によくみられ、眼球が小さいとともに、角膜、水晶体、ぶどう膜、硝子体、網膜などにも先天異常を認める場合(多発性眼奇形)がほとんどであるとされています。そのため、小眼球と同時に、小角膜、小水晶体、円錐水晶体、白内障、瞳孔膜遺残、虹彩欠損または低形成、硝子体血管遺残、網膜異形成、網膜剥離、小乳頭などが同時にみられます。網膜や視神経に異常がみられる場合には、視覚を喪失していることが多いです。

なお、人の小眼球症では、先天的な全盲となることが多いが、程度が軽い場合には、視力が弱まる(遠視になる)だけで済むこともあるとされています。

症状のポイント
網膜や視神経に異常がみられる場合には、視覚を喪失

小眼球症の診断

視診と超音波検査により左右の眼球の大きさを比較し、診断します。そのほかスリットランプ検査、眼底検査などを行い角膜、虹彩、水晶体、網膜・視神経の異常の有無、そして視覚の有無を確認します。また、交感神経麻痺により発症するホルネル症候群は眼球の後引、眼瞼下垂、瞬膜の突出などを認め、症状が小眼球症と類似するため鑑別する必要があります。これは、超音波検査により眼球の大きさを測定することで可能です。

なお、人の小眼球症では、小眼球の大きさの定義として、正常の眼球容積の2/3以下、すなわち眼軸長が年齢の正常の約0.87以下とする基準が用いられることが多いそうです。

小眼球症の治療

小眼球症は、先天的な異常なので治療の必要は無いと考えられています。

まとめ

犬の小眼球症について解説しました。この病気は、先天的に眼球が小さい状態とされ、網膜や視神経に異常がみられる場合には、視覚が喪失しています。

ただし、この病気は先天的な異常であり、治療の方法が存在しないため、治療の必要が無いとされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で