眼の病気

眼の病気

第三眼瞼腺脱出(チェリーアイ)を丁寧に解説

犬の第三眼瞼腺脱出(チェリーアイ)を画像付で解説しています。この病気はほとんどが1歳未満で発症し、はじめは片側の脱出として出現しますが、時間差で両眼とも脱出することが多いです。そして、約4割の症例で両眼に発症するとされています。
眼の病気

犬の色素性角膜炎

色素沈着とは、色素細胞から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着して起こる黒ずみのことを指します。 短頭種の中でも特にパグに好発するとされている、犬の色素性角膜炎について解説します。 犬の色素性角膜炎とは 色素性角...
眼の病気

犬の第三眼瞼外反

第三眼瞼は別名”瞬膜”と呼ばれ、第三眼瞼腺は”瞬膜腺”とも呼ばれます。第三眼瞼(瞬膜)は、眼瞼とは別に水平方向に動いて眼球を保護する働きがあります。 多くが生後1年以内の大型犬種で発生する、犬の第三眼瞼外反について解説します。 犬の...
眼の病気

犬の小眼球症を丁寧に解説

先天的に眼球の小さい状態です。これには、眼球が小さいとともに、角膜、水晶体、ぶどう膜、硝子体、網膜など他の部位でも先天異常がみられる場合(多発性眼奇形)と眼球が小さいだけで、他の部位での先天的異常がみられない場合があります。犬の小眼球症では、多発性眼奇形の方が多いです。
眼の病気

犬の眼球突出

人では以前と比べて目が飛び出していたり、横から見たときに左右の目の高さが違うことを指摘され気がつくことのある眼球突出。 犬でも人と同様に眼球が眼窩から突出した状態をあらわす、眼球突出について解説します。 犬の眼球突出とは ...
眼の病気

犬の眼球瘻

眼球癆(がんきゅうろう)という言葉は聞き馴染みがないと思われますが、重篤な眼疾患、炎症、損傷により萎縮し、眼が機能を失った状態を指します。眼が見えなくなることを失明といいますが、眼球が死ぬことを眼球癆といいます。 眼球の房水産生がなく...
眼の病気

犬のホルネル症候群

ホルネル(ホルナー)症候群は、1869年にスイスの眼科医ヨハン・フリードリヒ・ホルネルによって記載されており、交感神経遠心路の障害によって生じる、中等度縮瞳、眼瞼下垂(眼裂狭小)、眼球陥凹(眼球後退)を三大徴候(Horner’s triad...
眼の病気

犬の結膜炎

人の結膜炎で急性結膜炎に分類されるものとして、アデノウイルスが原因で短期間に集団的に発生する“はやり目”というものが、日常的に見られるものとして有名です。 犬でも日常的に遭遇することの多い、結膜炎について解説します。 犬の結膜炎とは...
眼の病気

犬の眼瞼炎

眼瞼炎とは"まぶた"の炎症であり、まぶたが刺激されることにより、人の場合には赤くなり腫れて、灼熱感および痒みが生じることがあります。 物体や刺激から眼を守る眼瞼の病気である、犬の眼瞼炎について解説します。 犬の眼瞼炎とは ...
眼の病気

犬の乾性角結膜炎(KCS)

乾性角結膜炎は、人のいわゆる"ドライアイ"に相当する病気であり、涙の量や性質が低下することで、角膜や結膜の環境が悪くなる病気です。そして、名称から目が乾く病気をイメージしがちですが、涙は出ているものの蒸発が早く、目にとどまらない場合もドライ...
眼の病気

犬の流涙症

涙は眼の涙腺から分泌される体液で、眼球の保護が主要な役割です。涙は、眼の表面を通過したあと涙点に入り、涙小管・涙嚢・鼻を経て、喉から再吸収されます。 代表的な症状として"涙やけ"を起こす、犬の流涙症について解説します。 犬の流涙症とは ...
眼の病気

犬の角膜潰瘍

角膜潰瘍は、進行すると角膜穿孔といって角膜に穴が開いてしまうことがあり、最悪の場合には失明に至ります。 短頭種での発生が多いとされる、犬の角膜潰瘍について解説します。 犬の角膜潰瘍とは 角膜潰瘍は、外傷によるものや細菌やウ...
タイトルとURLをコピーしました