犬の第三眼瞼外反

第三眼瞼は別名”瞬膜”と呼ばれ、第三眼瞼腺は”瞬膜腺”とも呼ばれます。第三眼瞼(瞬膜)は、眼瞼とは別に水平方向に動いて眼球を保護する働きがあります。

多くが生後1年以内の大型犬種で発生する、犬の第三眼瞼外反について解説します。

犬の第三眼瞼外反とは

犬の第三眼瞼外反とは、第三眼瞼の遊離縁が第三眼瞼軟骨の外反により浮き上がり、湾曲した状態です。これは多くが生後1年以内の大型犬種で発生し、特にグレード・デン、セントバーナード、ニューファンドランド、ジャーマンシェパード、ワイマラナー、レトリーバー系の品種において発生が多く、遺伝的な要因も指摘されています。また、第三眼瞼腺脱出や炎症による結膜表面の癒着、外傷や術後に発生する場合もあるとされています。

犬の第三眼瞼外反
第三眼瞼軟骨が外反している状態で、多くが生後1年以内の大型犬種で発生

第三眼瞼外反の症状

第三眼瞼の遊離縁が第三眼瞼軟骨の外反により浮き上がり、湾曲した状態であり、遊離縁後方の結膜が露出し、充血しています。第三眼瞼腺脱出(チェリーアイ)が長期間持続している犬においても、軟骨が外反している状態が多いとされています。

長期間経過した場合には、角膜炎や結膜炎流涙症などの続発症を伴うことがあります。湾曲が重度の場合には、第三眼瞼遊離縁の軟骨も捻れている場合があります。

症状のポイント
第三眼瞼の遊離縁が、第三眼瞼軟骨の外反により浮き上がり湾曲している

第三眼瞼外反の診断

第三眼瞼の遊離縁が第三眼瞼軟骨の外反により浮き上がり、湾曲した状態であり、遊離縁後方の結膜が露出し充血しているため、診断は容易です。

診断のポイント
特徴的な外観により、診断は容易

第三眼瞼外反の治療

第三眼瞼の湾曲した軟骨を切除する、外科的治療を考慮する必要があります。

また、第三眼瞼の露出により結膜炎を伴っている場合には、抗菌薬、グルココルチコイド(ステロイド)、およびヒアルロン酸の点眼薬を用いた内科的治療が必要となります。

治療のポイント
外科的治療および結膜炎などの併発疾患の内科的治療

予後

第三眼瞼外反は、外科的な治療によりほぼ修復できると考えられています。第三眼瞼遊離縁の軟骨が捻れて固定されている場合にはほとんど改善しませんが、機能面では問題にならないと考えられています。

まとめ

犬の第三眼瞼外反について解説しました。生後1年以内の大型犬種で、第三眼瞼に異常が見られた場合にはこの病気を考慮する必要があります。

この病気であると診断された場合には、第三眼瞼の湾曲した軟骨を切除する、外科的治療の必要がありますが、この治療によりほぼ修復できると考えられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で