犬の子宮蓄膿症

もし愛犬が避妊手術をしておらず、飲水量が増えておしっこの回数と量が増えた場合には、注意が必要です。

症状が進行すると死に至る病気である、犬の子宮蓄膿症について解説します。

レクタングル大

子宮蓄膿症とは

子宮蓄膿症は避妊手術をしていない雌犬で、子宮内に細菌が感染し膿が貯留することで起きる病気です。子宮の病気なので、避妊手術をしている犬ではなりません。

外陰部から排膿がみられる開放性子宮蓄膿症と、排膿がみられない閉鎖性子宮蓄膿症があります。

子宮蓄膿症
子宮に膿が貯まる病気

原因

犬では、多くは発情後1~2ヶ月の黄体退行期に発症するため、プロジェステロン(黄体ホルモン)の関与が考えられています。
高齢の出産していない犬や、長く繁殖を行なっていない犬での発生が多いですが、若い犬でも発症することがあります。
子宮蓄膿症の原因
プロジェステロン(黄体ホルモン)の関与

子宮蓄膿症の症状

一般に飲水量が増え、おしっこの回数と量が増加(多飲多尿)します。また、感染症なので体温がやや高くなり、嘔吐を繰り返したり、元気食欲が低下し、体重が減ってくる場合もあります。病気が進行すると、腎不全、敗血症播種性血管内凝固(DIC)を起こし死に至ることもあります。

なお、子宮内の膿の貯留量と臨床症状の重症度は比例しないとされています。

また前述のとおり、外陰部から膿が出てくるタイプ(開放性子宮蓄膿症)と出てこないで子宮内に貯留するタイプ(閉鎖性子宮蓄膿症)とがあります。

症状のポイント
多飲多尿、発熱、元気や食欲の低下、開放性子宮蓄膿症では外陰部からの排膿

開放性子宮蓄膿症

発情に引き続いて外陰部が腫れ、血混じりの膿を排出し続けます。場合によっては、犬が陰部を舐めることにより、膿に気がつかないこともあるので、注意が必要です。

閉鎖性子宮蓄膿症

膿が外に排出されずに、子宮内に貯留するタイプです。そのため、時間とともにお腹が大きく膨らみ、場合によっては肥満と勘違いされることもあります。

このタイプでは膿が体外に排出されないため、短期間で重篤な症状に至ることがあります。

子宮蓄膿症の診断と治療

診断

まず、前述の臨床症状と発情から発症までの期間で子宮蓄膿症を疑っていきます。

血液検査では、白血球数の増加や炎症マーカー(CRP)の高値がみられます。また、レントゲン検査や超音波検査で、液体が貯留し腫大した子宮を確認することで行います。

診断のポイント
レントゲン検査や超音波検査で液体が貯留し腫大した子宮の確認

治療

繁殖の目的がない場合は、卵巣子宮全摘出(避妊手術)が最も有効です。

どうしても手術ができない場合は、抗菌薬やホルモン製剤(プロスタグランジン製剤)での治療を行うこともあります。ただし、初期に有効であっても、再発が懸念されます。

治療のポイント
卵巣子宮全摘出(避妊手術)が最も有効

予後

お薬による治療の場合、次回発情期に再発する可能性があります。

まとめ

犬の子宮蓄膿症について解説しました。近年は、早期に避妊手術が行われることが多く、昔に比べて診察することが少なくなった病気の一つです。未避妊の場合には、飲水量の増加や排尿の回数と量の増加そして陰部からの膿に気を付けるようにすると良いでしょう。

この病気は、避妊手術をすれば防げる病気なので、適切な時期に手術をしてしまうことをお勧めします。

関連記事犬の避妊手術

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大