犬の去勢手術

愛犬に去勢手術を行うかどうかは、犬を飼われている人の中でも意見が別れるかもしれません。しかし、もし陰嚢内に精巣が下降しない「潜在精巣」の場合には、実施が強く推奨されます。

犬の去勢手術の実施時期、メリット(利点)とデメリット(欠点)、潜在精巣の場合、術後の注意事項について、可能な限り詳しくそして客観的に解説しています。

レクタングル大

去勢手術とは

去勢手術とは、精巣を摘出する手術です。この手術の目的には、雄犬の繁殖能力を奪うことにありますが、男性ホルモンの関与が指摘されているような、前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアの予防の目的もあります。また、これらの病気の際や精巣腫瘍の時に、治療として精巣の摘出をすることもあります。

陰嚢内に精巣が下降しないことを潜在精巣と言います。この潜在精巣は腫瘍化する可能性が高いため、発見次第なるべく早期に去勢手術を行うことが推奨されています。

また、攻撃性やスプレー行動のような問題行動の治療目的で行うこともあります。

去勢手術
繁殖させない目的と、病気の予防や問題行動の治療の目的もある

避妊手術の実施時期

雄犬の性成熟は、品種や個体によって異なりますが、だいたい6〜12ヶ月齢であるとされています。

日本では概ね6ヶ月齢あたりで手術を勧めている動物病院が多いと思います。また、6ヶ月までに去勢手術を完了させるように勧めているところもあります。このあたりであれば、多少前後しても大きな問題はない様に思います。

実施時期
6ヶ月齢くらい(動物病院によって違いあり)

ただし、去勢手術は10歳を超える高齢でも行う場合があり、例えば前立腺肥大の治療目的で手術を行う場合です。目的や麻酔リスクによって去勢手術の適否を判断しますので、一概に「何歳までに」実施しなければならないということはありません。

去勢手術のメリット・デメリット

避妊手術にはメリットもあればデメリットもあります。代表的なメリットとデメリットを記載しますので参考にしてください。

メリット(利点)

  • 永久に繁殖能力が無くなる
  • 精巣腫瘍など、精巣疾患の可能性がなくなる
  • 前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどホルモン関連疾患の予防
  • 問題行動改善の期待ができる(スプレー行動や攻撃性など)

デメリット

  • 手術・麻酔のリスク
  • 術後肥満になりやすい

潜在精巣について

犬の精巣下降は代表的な動物の中で最も遅く、生後約30日で精巣の下降が完了すると報告されています。そして、生後2ヶ月以上するとそれ以降精巣が下降しなくなるとされています。そのため、6ヶ月前後で精巣が下降していなければ、潜在精巣と確定して問題ないと思われます。

潜在精巣は、割と遭遇することが多く、ある報告ではその発生率が約2.6%であったとされています。また、小型犬は大型犬に比べ、2.7倍潜在精巣のリスクが高いと報告されています。そして、潜在精巣は、片側だけのことが多いですが、稀に両側のこともあります。

下降してこない精巣は、皮下や鼠径部などのお腹の外に出ている場合もあれば、お腹の中に残っている場合もあります。そして前者(腹腔内)と後者(腹腔外)の比率は概ね1:1であると言われています。

犬の潜在精巣で問題となるのが、潜在精巣が腫瘍化しやすいことである。具体的には、潜在精巣の犬では精巣腫瘍の発生危険率が13.6倍高いと報告されています。そのため、なるべく早期の去勢手術(潜在精巣と正常精巣の両方)が推奨されています。

なお、潜在精巣は遺伝的な問題の可能性が指摘されているため、生殖能力を有していたとしても、繁殖に用いることは避けた方が良いと考えられています。

潜在精巣
小型犬に多く、精巣腫瘍の発生率が13.6倍高い

去勢手術後の肥満について

去勢手術後には、縄張り意識や運動量の低下に伴い消費カロリーが低下するので、15~25%程度必要カロリーが低下すると考えられています。また、去勢手術を実施する6〜10ヶ月というのは、成長スピードが落ちる時期であり、このことがより肥満が加速させているのかもしれません。術後には、食事管理により摂取カロリーを10~20%減らすことが推奨されています。

去勢手術した犬用の食事に変更するなどで対応が可能ですので、退院時などに獣医師に相談すると良いでしょう。

術後の注意事項
肥満に注意!

まとめ

去勢手術のメリットデメリットを中心に解説しました。愛犬の一生に関わる問題なので、獣医師と十分に議論した上で、手術を決断するようにしてください。潜在精巣の犬であれば、早期に両側の精巣を摘出してあげましょう。

また、術後の肥満にはくれぐれもご注意ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大