犬の蛋白質(TP)の異常

動物病院で血液検査を行った際に、その結果を理解するための手助けとなるように記事を作成しました。愛犬の血液検査の結果を片手にご覧ください。

ただし、以下の点にご注意ください。

  • 正常値は、機械や検査会社ごとによって異なりますので、血液検査に記載されているデータを参照してください。参考正常値として、富士フィルムモノリスさんの正常値を記載してあります。
  • 検査結果が正常値を外れている場合でも、病気とは限らないので、担当の獣医さんに良く話を聞くようにしましょう。
レクタングル大

総蛋白(TP)とは

総蛋白(TP)とは、血清中に含まれている蛋白の総称です。蛋白はアルブミンとグロブリンで構成されており、ほとんどが肝臓で合成されています。つまり総蛋白とアルブミンやグロブリンの関係は以下のようになります。

総蛋白(TP)=アルブミン(Alb)+グロブリン(Glb)

※血清:血液が凝固し、上澄みにできる淡黄色の液体成分。

アルブミンは加齢における変化はありませんが、グロブリンは加齢により免疫刺激が蓄積され、増加が起こるとされています。そのため、加齢に伴い正常値が異なってきます。

なお、アルブミンは脱水以外の理由で増加することは無いとされるため、総蛋白増加の原因は脱水以外には、グロブリンの増加に限られることになります。

総蛋白とアルブミンは同時に測定されることが多いので、グロブリンの量は以下のように計算されます。血液検査によっては、自動で計算されて結果に表示されている場合もあれば、自分で計算しないといけない場合もあります。

グロブリン(Glb)=総蛋白(TP)−アルブミン(Alb)

それと同時に、A/G比をみます。これは、血清蛋白成分のアルブミンとグロブリンの比を表しており、A/G比は以下の計算式で求められます。こちらも、血液検査によっては自動で計算されて、結果に表示されている場合もあれば、自分で計算しないといけない場合もあります。

A/G比=Alb/(TP-Alb)

総蛋白が正常値内でも、アルブミンが減少し、グロブリンが増加していて、実は病気が隠れている場合も少なくありません。こうした場合に、A/G比をみることで、肝不全などの肝機能の低下を発見することができます。

また、総蛋白が減少している際にアルブミンとグロブリンの両方が減少しているのか、それともどちらか一方なのかを知ることができます。

このように総蛋白は、アルブミンとグロブリンから構成されているので、それぞれの増減に影響されます。そのためアルブミンを同時に測定し、グロブリンとA/G比をみることで、より詳細な評価が可能になります。

(参考正常値:5.5~7.7 g/dl)

総蛋白(TP)高値の原因

総蛋白(TP)増加の原因は、アルブミンの増加の有無で分けて考えます。それは、アルブミンは脱水以外の理由で増加することは無いとされるため、もし脱水が否定されれば、総蛋白増加の原因は、グロブリンの増加に限られることになるからです。

日常的に経験する総蛋白増加の原因は、アルブミンの増加を伴う脱水による相対的な増加です。

アルブミンに増加がある場合

この場合には、血液の液体成分の減少による相対的な増加が考えられます。

脱水による相対的増加

アルブミンが正常または減少

この場合には、グロブリンの増加があったと考えらえます。グロブリンの中の「γ-グロブリン」は、免疫グロブリンと呼ばれ抗体として作用しています。そのためグロブリン増加の原因として、抗体産生が増加する抗原刺激、慢性炎症、多発性骨髄腫(マクログロブリン血症)、リンパ腫などの腫瘍が考えられます。

※抗原:免疫反応を引き起こさせる物質の総称(細菌、ウイルス、アレルゲンなど)

抗原刺激、慢性炎症、多発性骨髄腫(マクログロブリン血症)、リンパ腫などの腫瘍

総蛋白(TP)低値の原因

総蛋白減少の原因は、アルブミンとグロブリンの両方が減少している場合、アルブミンが減少している場合そしてグロブリンが減少している場合の3つに分類されます。また、A/G比を同時に評価すると、この鑑別に役に立ちます。

なお、グロブリンの減少する理由としては、抗体の産生が低下する先天性/後天性免疫異常が考えられます。

アルブミン減少とグロブリン減少

この場合には、アルブミンとグロブリン共に減少しているので、A/G比は正常です。
出血による喪失、広範囲の皮膚の浸出性病変、腸からの漏出(腸リンパ管拡張症など)、腹水や胸水の貯留、過剰輸液出
※滲出性病変:急性炎症の時にみられる炎症。

アルブミン減少でグロブリン正常

この場合には、アルブミンが減少しグロブリンが正常なので、A/G比は低下します。
肝不全、腎臓からの漏出(ネフローゼ症候群など)、栄養の吸収不良や消化不良、飢餓による栄養失調

アルブミン正常でグロブリン減少

この場合には、アルブミンが正常でグロブリンが減少するので、A/G比は上昇します。
先天性/後天性免疫異常

まとめ

犬の蛋白質(TP)の異常である、高蛋白血症と低蛋白血症について解説しました。

検査結果が正常値を外れている場合でも、必ずしも病気とは限りません。病気は、血液検査のみならず身体検査や他の検査も行って診断していきます。状況により、経過観察を行ったりさらに詳しい検査を行うことがあります。

総蛋白の異常は、アルブミンとグロブリンそしてA/G比を同時に評価することで、何が原因かが概ね推定することが可能です。その上で、総蛋白の異常に対する追加検査として、レントゲンや超音波などの画像診断そして尿検査などを行なっていきます。

また、グロブリンが上昇している場合には、蛋白電気泳動という検査を行い、それが単一の免疫グロブリンの増加(モノクローナルガンモパチー)なのか複数の免疫グロブリンの増加(ポリクローナルガンモパチー)なのかを鑑別していくことになります。

血液検査の結果で心配な事がある時には、動物病院で獣医さんに遠慮なく質問してみましょう。

関連記事犬のアルブミン(Alb)の異常

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!