犬の副腎皮質機能低下症(アジソン病)

もし愛犬に、旅行やペットホテルそしてトリミングなど「ストレス」がかかった時に体調が悪化するといった症状があった時に、どんな病気を考えますか?

悪化すると「アジソンクリーゼ(急性副腎不全)」という命に関わる問題になってしまう、副腎皮質機能低下症について解説します。

レクタングル大

副腎皮質機能低下症(アジソン病)とは

副腎は、左右の腎臓の頭側に位置しています。副腎は、皮質と髄質からなり、皮質からミネラルコルチコイド(鉱質コルチコイド)とグルココルチコイド(糖質コルチコイド)が、髄質からはアドレナリンが分泌されます。副腎皮質からのホルモン分泌が不足する病気が副腎皮質機能低下症(アジソン病)です。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)
副腎皮質からのホルモンの分泌が不足する病気

ちょうど、副腎皮質ホルモンの分泌が過剰となる副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の反対の病気です。

関連記事犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

原因

副腎皮質機能低下症は、自己免疫による副腎皮質の破壊が主な原因となる、特発性副腎皮質機能低下症が多いです。その他に、感染症や副腎への腫瘍の転移、そしてクッシング症候群の治療薬であるOP’-DDD(商品名:ミトタン)による副腎皮質の破壊も原因となります。

ちなみに、副腎の破壊が90%以上になるまでは、明確な臨床症状はみられないといわれています。

特発性副腎皮質機能低下症では、自己免疫による副腎皮質の破壊のため、ミネラルコルチコイドとグルココルチコイドの両方の副腎皮質ホルモンが不足します。

副腎皮質機能低下症は若齢〜中齢のメス犬に好発し、海外ではグレートデン、ロットワイラー、スタンダードプードルなどの好発犬種が報告されています。

症状

ミネラルコルチコイドは、体液のナトリウムやカリウムの濃度調節に関して重要な役割を持ち、グロココルチコイドは、糖分の貯蔵や放出、抗炎症作用、ストレスへの反応などの役割があり、どちらも生体の維持に重要な役割を持つホルモンです。

ミネラルコルチコイドが不足すると、血液中のナトリウムが減少するため、全身の総血液量が減少して、循環不全、低血圧症、腎不全などに発展します。同時に、高カリウム血症を伴うため、心臓の筋肉に障害が起きて不整脈が起こります。

グルココルチコイドが欠乏すると、食欲不振、体重減少、低血糖状態などが認められます。

副腎皮質機能低下症の症状が急激に悪化した状態を「アジソンクリーゼ(急性副腎不全)」と呼び、適切な治療を行わないと生命に関わります。

この病気の初期症状は、元気がない、体重減少、食欲不振、嘔吐、吐出、下痢、血便、おしっこが多い、水をよく飲む、徐脈、震える、低体温などですが、これらの症状は好調と不調を繰り返しながら、ゆっくりと進行していきます。このように初期症状は多彩で曖昧なので、アジソンクリーゼ(急性副腎不全)になるまで気がつかないこともしばしばあります。

副腎皮質機能低下症は、旅行やペットホテルそしてトリミングなどで犬に「ストレス」がかかった時に、悪化する可能性があります。

症状のポイント
犬にストレスがかかった時に悪化する可能性がある!

副腎皮質機能低下症の中には、グルココルチコイドのみが不足し、ミネラルコルチコイドの分泌が保たれる場合も存在します。この場合には電解質の異常が現れないため、「非定型」の副腎皮質機能低下症(アジソン病)と呼ばれます。

慢性の嘔吐や下痢などの消化器症状や元気消失などが主な症状で、アジソンクリーゼ(急性副腎不全)になる可能性は低いとされています。

副腎皮質機能低下症の診断と治療

診断

アジソンクリーゼは、一見しただけでは他の病気によるショック状態と区別できないため、血液検査で電解質異常(低ナトリウム血症と高カリウム血症)を発見して、診断を進めていくことになります。

電解質異常として、低ナトリウム血症と高カリウム血症を示す他の病気には、腎不全や糖尿病があります。

関連記事犬の電解質(Na-k-Cl)の異常

治療

アジソンクリーゼ(急性副腎不全)により動物病院にぐったりした状態で来院した場合には、救急治療として生理食塩水の点滴療法と副腎皮質ホルモンの注射が行われます。

維持治療は、ミネラルコルチコイド(酢酸フルドロコルチゾン)とグルココルチコイド(ヒドロコルチゾンなど)の投薬が主体となり、お薬が一生必要な場合がほとんどです。

予後

特発性副腎皮質機能低下症の予後は良く、適切な維持治療が行われる限り、寿命を全うできることが多いです。

まとめ

犬の副腎皮質機能低下症について解説しました。

この病気の症状は、多彩で曖昧なので初期に気がつくのは難しいかもしれません。ひょっとすると、旅行やペットホテルそしてトリミングなどで犬に「ストレス」がかかった時に悪化する、といったことがヒントになるかもしれません。

「アジソンクリーゼ(急性副腎不全)」になると、生命に関わりますので、調子が悪い時には早めに動物病院を受診することや、定期的な健康診断を受けておくといいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大