犬の原発性上皮小体機能亢進症

もし愛犬の血液検査で、カルシウムが高値を示していてたら、どんな病気を考えれば良いのでしょうか?高カルシウム血症を引き起こす原因の一つとして、上皮小体機能亢進症という病気があり、「原発性上皮小体機能亢進症」と「二次性上皮小体機能亢進症」に大別されます。

上皮小体の異常を原因とし稀に遭遇する、犬の原発性上皮小体機能亢進症ついて解説します。

関連記事犬のカルシウム(Ca)の異常

レクタングル大

原発性上皮小体機能亢進症とは

上皮小体は副甲状腺とも呼ばれ、左右対称性の小さな上皮性の構造物として、左右の甲状腺の被膜下で実質組織の中に埋もれています。内上皮小体と外上皮小体があり、犬では内上皮小体は両葉の中間位に埋没しています。外上皮小体は甲状腺の頭側端近くに見られるか、 または甲状腺の頭側1/2の部位に見られます。

パラトルモン(PTH)は、副甲状腺ホルモンや上皮小体ホルモンとも呼ばれ、上皮小体から分泌され、血液中のカルシウムの濃度を上昇させるように働きます。

上皮小体とは
血液中のカルシウムの濃度を上昇させる、上皮小体ホルモン(PTH)を分泌する

原発性上皮小体機能亢進症は、上皮小体から上皮小体ホルモン(PTH)が過剰に分泌されるために起こる、まれにみられる病気です。

原発性上皮小体機能亢進症
上皮小体が原因で、上皮小体ホルモン(PTH)が過剰に分泌される病気

原因

一般的には機能的な上皮小体の腺腫が多く、時に上皮小体の癌も見られます。10歳以上の高齢犬で診断される場合が多いです。特に、キースホンドでの発症が多いとされています。

原発性上皮小体機能亢進症の原因
上皮小体の腺腫、過形成、腺癌

原発性上皮小体機能亢進症の症状

上皮小体から上皮小体ホルモン(PTH)が過剰に分泌され高カルシウム血症となりますが、臨床症状は無症状の場合から重篤な症状の場合まであり、様々です。

高カルシウム血症の症状として、元気消失、食欲不振、震え、神経過敏、多飲多尿、嘔吐/下痢があります。

症状のポイント
高カルシウム血症の症状:元気消失、食欲不振、震え、神経過敏、多飲多尿、嘔吐/下痢

原発性上皮小体機能亢進症の診断と治療

診断

血液検査で、持続的な高カルシウム血症(12~16mg/dl)があり、リンが低値から正常(1~4mg/dl)の場合、この原発性上皮小体機能亢進症を疑います。

そして、高カルシウム血症を起こす他の病気を除外して、診断していきます。以下の病気が、高カルシウム血症を起こす可能性があります。

原発性上皮小体機能亢進症、ビタミンD中毒、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、腎不全、悪性高カルシウム血症(リンパ腫、肛門嚢アポクリン腺癌などによる)、多発性骨髄腫、肉芽腫性疾患、若齢、高脂血症(ミニチュアシュナウザーなど)、脱水(高カルシウムは軽度)

精密検査として、上皮小体ホルモン(PTH)の測定や、超音波検査などにより4つの上皮小体のどれが腫大しているかを確認します。しかし、上皮小体ホルモン(PTH)の測定で必ずしも高値が出ないことや、超音波検査などで必ずしも腫大した上皮小体が確認できないことに注意が必要です。

診断のポイント
上皮小体ホルモン(PTH)の測定と画像検査による上皮小体の確認

治療

まず、高カルシウム血症による臨床症状がある場合には、点滴を行います。それで改善が乏しい場合には、利尿剤の投与や、グルココルチコイド(ステロイド)の投与を行います。グルココルチコイド(ステロイド)には、腎臓でのカルシウムの再吸収を抑制する働きがあるそうです。

しかし、原発性上皮小体機能亢進症の根本的な治療には、外科手術が必要になってきます。術前のカルシウム値が高く(14mg/dl以上)、さらにそれが長期間に及んでいた場合に、上皮小体を除去した後に低カルシウム血症になりやすいので注意が必要です。

低カルシウム血症では、震え、神経過敏、脱力、発作、呼吸停止(重度の場合)などの症状がみられます。

治療のポイント
根本的な治療は外科手術
外科手術後、カルシウム値が低下し始めた時点で、カルシウム製剤やビタミンD製剤での治療が必要となります。残存させた上皮小体が正常に機能するようになれば、カルシウム製剤やビタミンD製剤の投与の必要性がなくなることもあります。

予後

手術ができれば、予後は良好とされています。

まとめ

犬の原発性上皮小体機能亢進症について解説しました。この病気は、決して多い病気ではないですが、高カルシウム血症を呈している場合には、考えなければならない病気の一つとして重要です。

根本的な治療は外科手術ですが、術後の低カルシウム血症に治療が必要です。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!