犬の急性膀胱炎

愛犬に、血尿、頻尿、排尿困難、排尿痛、いつもと違うところで排尿するなどの症状がみられたら、どんな病気を考えますか?

膀胱への細菌感染が主な原因となる、急性膀胱炎について解説します。

急性膀胱炎とは

膀胱は、左右の腎臓と尿管でつながっており、送られてきた尿を一時的に貯留する袋状の器官です。そして、尿を外部に排出するために尿道がつながっています。

膀胱の働き
尿を一時的に貯留する

一般に犬の膀胱炎と言えば、急性膀胱炎のことを指します。

急性膀胱炎は、無菌状態であるはずの膀胱において微生物が増殖することをいいます。なお、おしっこの出口付近の尿道では、もともと無菌ではなく常在菌がいるとされています。

犬では、全ての年齢で発症する可能性があるとされていますが、メス犬がオス犬より発症率が高いです。また、避妊手術や去勢手術を行なっていない方が、発症率が低いとされています。

また、発症率が高くなる要因として、糖尿病副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などの基礎疾患や、結石症の治療などでのカテーテル留置や尿路変更の手術などの病歴があります。

急性膀胱炎
無菌状態の膀胱で微生物(細菌)が増殖すること

原因

急性膀胱炎の多くは、消化管内もしくは尿道内の微生物が原因で発症することが多いとされています。

圧倒的に細菌感染が多く、まれに真菌やマイコプラズマの感染があります。細菌感染では大腸菌が多く、次いでブドウ球菌が多いです。

通常は、1種類のみの細菌感染ですが、20~30%くらいの確率で2種類以上の細菌感染が起こるとされています。

これらの微生物の感染は、感染を防御する働きが弱くなったことが原因だと考えられています。

急性膀胱炎の症状

一般的には、血尿、頻尿、排尿困難、排尿痛、いつもと違うところで排尿するなどの症状がみられます。さらに、発熱、元気や食欲の低下、嘔吐等がみられることもあり、その場合には、腎盂腎炎や前立腺膿瘍などを合併した重症例の可能性があります。

症状のポイント
血尿、頻尿、排尿困難、排尿痛、不適切な排尿

急性膀胱炎の診断

確定診断は、尿の培養検査による細菌の検出です。この場合には、膀胱から直接針を刺して抜いた尿(穿刺尿)が、細菌の汚染が少なく適しているとされています。

診断のポイント
尿の培養検査による細菌の検出

急性膀胱炎の治療

治療は抗菌薬の投与であり、可能であれば抗菌薬感受性試験を実施して、抗菌薬を選択するのがよいと思われます。

頻尿や血尿などの症状は、2~3日お薬を飲ませるとよくなることもありますが、細菌が完全にいなくなった訳ではないので、お薬を最後まで飲ませることが大切です。可能であれば、細菌培養検査で菌が検出されないことを確認するとよいでしょう。

治療のポイント
抗菌薬の投与

予後

基礎疾患や合併症がなければ、2~3週間で完治することが多いです。

まとめ

犬の急性膀胱炎について解説しました。血尿、頻尿、排尿困難、排尿痛、いつもと違うところで排尿するなどの症状がみられたら、膀胱炎の可能性がありますので動物病院を受診しましょう。

また、頻尿や血尿などの症状は、2~3日お薬を飲ませるとよくなることもありますが、細菌が完全にいなくなった訳ではないので、お薬を最後まで飲ませることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で