犬のキシリトール中毒

犬の中毒といえば何を思い浮かべますか?玉ねぎ中毒や、チョコレート中毒ですか?

意外と知られていない、犬のキシリトール中毒について解説します。

レクタングル大

キシリトール中毒とは

キシリトールは、天然の代用甘味料として知られ、最初はカバノキから発見されたそうです。キシリトールには、冷涼感があり後味の切れが早い、スクロースと同程度の甘みを持ちカロリーが4割低い、そして加熱による甘みの変化がないため加工にも適しているなどの性質があります。

特に、キシリトールは口腔内の細菌による酸の産生がほとんどなく、またミュータンス菌の一部の代謝を阻害することから、非う蝕性甘味料として知られており、虫歯予防効果が謳われています。

このため、人では食品や口腔ケア製品に一般的に甘味料として使用されています。

しかし、犬は人と代謝が異なるため、キシリトールを摂取することで中毒を起こし、死亡する可能性があるとされています。

人では、キシリトールがスクロースに比べカロリーが4割低いことや、スクロースより吸収速度が遅いため、血糖値の急上昇や、それに対するインスリンの反応を引き起こさないため、糖尿病に適応されます。

ところが犬の場合には、キシリトールがインスリン分泌を促進し、また摂取量のほとんどが急速に吸収されるとされています。そのため、キシリトール摂取後に低血糖を起こすことが知られています。

なお、猫で同様のインスリン放出による低血糖が起こるかは不明です。

キシリトール中毒
キシリトールがインスリン分泌を促進し、摂取後に低血糖を起こすこと

キシリトール中毒の症状

キシリトールの中毒量は、0.1mg/kg以上の摂取で低血糖の危険性があると考えられ、0.5mg/kg以上であれば肝障害の危険性も考慮すべきであるとされています。低血糖の症状は30分以内と早期に認められるそうですが、12時間経過後に症状がみられた例も存在するそうです。

臨床症状は急速に進行し、嘔吐に始まり、眠ったような状態になる(嗜眠)、運動が円滑にできない(運動失調)、ぐったりする、けいれん発作などが生じる危険性があります。

また、低血糖の他に肝酵素の上昇や凝固系の異常が認められる場合もあり、急性肝不全を引き起こし、死亡あるいは安楽死を行った報告もあるそうです。しかし、キシリトールが急性肝不全が引き起こしたメカニズムは不明のようです。

キシリトール製品は、その含有量が非常に幅広いです。例えば、ガムタイプのキシリトールの含有率は0.1~100%となっています。必ず、成分表で確認するようにしましょう。

症状のポイント
低血糖関連症状と、場合によっては急性肝不全の症状

キシリトール中毒の診断

基本的には、飼い主からの稟告で判断します。そして、臨床症状がキシリトール中毒と一致していることを確認します。

血液検査では、基本的に低血糖がみられますが、時に高血糖がみられることがあります。この高血糖はソモジー効果といって、低血糖の後に反動的に血糖値が上昇する現象です。

症状のポイント
低血糖、時に高血糖がみられる

その他に低カリウム血症、ALT、ALP、T-bilの増加、凝固系の延長などがみられることもあります。

関連記事犬の血糖値(Glu)の異常(高血糖/低血糖)

キシリトール中毒の治療

前述のとおり、0.1mg/kg以上のキシリトールの摂取で低血糖の危険性があると考えられているので、それ以上の摂取があった場合には、血糖値の定期的な測定が推奨されます。もし低血糖がみられた場合には、グルコースの投与を行います。

さらに、0.5mg/kg以上のキシリトールを摂取した場合には、低血糖の有無に関わらずグルコースによる治療が推奨されています。また、肝不全に対して肝庇護薬や抗酸化薬も有効であると考えられています。

なお、キシリトール中毒では今のところ吸着剤(活性炭など)の投与の有効性は確認できていないそうです。

治療のポイント
血糖値の定期的な測定と低血糖時にグルコースの投与

予後

予後は、摂取した量や経過時間などに左右されます。重篤ではなく、合併症の無い低血糖であれば治療により予後は良好です。しかし、肝酵素の著しい増加、高ビリルビン血症、凝固不全がみられる場合には、予後は悪いとされています。

まとめ

犬のキシリトール中毒について解説しました。この病気は意外と知られていない中毒なので、注意が必要です。

人に無害でも犬にとっては有害な食べ物もあるので、愛犬に食べさせても大丈夫かどうか確認してから与えるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大