犬の二次性上皮小体機能亢進症(栄養性/腎性)

もし愛犬の血液検査で、カルシウムが高値を示していてたら、どんな病気を考えれば良いのでしょうか?高カルシウム血症を引き起こす原因の一つとして、上皮小体機能亢進症という病気があり、「原発性上皮小体機能亢進症」と「二次性上皮小体機能亢進症」に大別されます。

慢性腎臓病と関連して遭遇することのある、犬の二次性上皮小体機能亢進症(栄養性/腎性について解説します。

関連記事犬のカルシウム(Ca)の異常

レクタングル大

二次性上皮小体機能亢進症

上皮小体機能亢進症は、上皮小体の異常(過形成、腺腫、腺癌)を原因とする「原発性上皮小体機能亢進症」と、カルシウムの代謝異常を原因とする「二次性上皮小体機能亢進症」とに大別されます。

上皮小体は副甲状腺とも呼ばれ、左右対称性の小さな上皮性の構造物として、左右の甲状腺の被膜下で実質組織の中に埋もれています。パラトルモン(PTH)は、副甲状腺ホルモンや上皮小体ホルモンとも呼ばれ、上皮小体から分泌され、血液中のカルシウムの濃度を上昇させるように働きます。

上皮小体とは
血液中のカルシウムの濃度を上昇させる、上皮小体ホルモン(PTH)を分泌する

二次性上皮小体機能亢進症は、上皮小体以外が原因となり、上皮小体ホルモン(PTH)が過剰に分泌される病気で、「栄養性二次性上皮小体機能亢進症」と「腎性二次性上皮小体機能亢進症」があります。

二次性上皮小体機能亢進症
栄養や腎臓など上皮小体以外が原因となり、上皮小体ホルモン(PTH)が過剰に分泌される病気

原因

二次性上皮小体機能亢進症は、「栄養性二次性上皮小体機能亢進症」と「腎性二次性上皮小体機能亢進症」に大別されます。

栄養性二次性上皮小体機能亢進症

家庭調理食など、栄養バランスの悪い食事で起こる場合があります。具体的には、カルシウムやビタミンDの摂取不足やリンの過剰摂取などが原因となります。
例えば、全て肉の食事(レバーや牛の心臓など)のみを与えることで、起こることがあるとされています。
特に、成長速度が速いため、若い大型犬での発症率が比較的高いです。
栄養性二次性上皮小体機能亢進症の原因
カルシウムやビタミンDの摂取不足やリンの過剰摂取

腎性二次性上皮小体機能亢進症

慢性腎臓病の進行に伴い活性型ビタミンD3の腎臓での合成が低下し、腸管からのカルシウム吸収が減少することにより起こります。
また、腎臓からのリン排泄が低下することにより、高リン血症となり、イオン化カルシウムの減少を介して、上皮小体からの上皮小体ホルモン(PTH)分泌が増加します。
腎性二次性上皮小体機能亢進症の原因
慢性腎臓病の悪化によるカルシウムの吸収減少と高リン血症

二次性上皮小体機能亢進症の症状

一般的な高カルシウム血症の症状として、元気消失、食欲不振、震え、神経過敏、多飲多尿、嘔吐/下痢があります。

栄養性二次性上皮小体機能亢進症

血液中の上皮小体ホルモン(PTH)の増加に関連して、骨密度の低下または骨折を発症することがあります。

また、歩きたがらない、ぎこちない歩き方、骨の痛み、跛行(はこう:歩様の異常のこと)、四肢の変形(病的骨折)、歯が無くなる、軸骨格が関わっている場合は神経症状などがみられることがあります。

なお、「くる病」はビタミンD不足と同じ骨変化を示す用語です。

症状のポイント
骨密度の低下や骨折

腎性二次性上皮小体機能亢進症

通常、慢性腎臓病の悪化に関連した症状がみられます。

症状のポイント
慢性腎臓病の症状の悪化

二次性上皮小体機能亢進症の診断と治療

診断

栄養性二次性上皮小体機能亢進症

血液検査では、カルシウムは正常〜やや低値であり、リンは正常〜やや高値であることが多いです。食事内容の問診から、診断を進めていきます。ビタミンやミネラルのサプリメントの過剰摂取がないかも確認します。

診断のポイント
食事内容やサプリメント

腎性二次性上皮小体機能亢進症

血液検査では、カルシウムは正常低値〜正常高値を示すことが多く、リンは腎臓からの排泄低下により正常高値〜高値を示します。

精密検査として、イオン化カルシウムを測定すると正常低値から低値を示し、上皮小体ホルモン(PTH)を測定すると正常高値〜高値を示します。

原発性上皮小体機能亢進症と腎性二次性上皮小体機能亢進症との区別は、イオン化カルシウムを測定することで可能です。つまり、腎性であればイオン化カルシウムは正常低値から低値を示し、原発性であれば高値を示します。

診断のポイント
イオン化カルシウムや上皮小体ホルモン(PTH)の測定

治療

栄養性二次性上皮小体機能亢進症

ペットフードメーカーの総合栄養食に変更する。数週間してもカルシウムが低値を示すようなら、活性化ビタミンD3製剤を投与する。

栄養性二次性上皮小体機能亢進症の予後は、病的骨折の存在に依存するとされています。不適切な食事が原因で、症状が無く偶発的にみつかったものは、予後良好であるとされています。

治療のポイント
ペットフードメーカーの総合栄養食に変更する

腎性二次性上皮小体機能亢進症

まず、リンを制限した腎臓病療法食を与えるようにします。それでもリンが高値を示している場合には、リン吸着剤(商品名:レンジアレンなど)の投与を考慮します。

また、活性化ビタミンD3の投与を状況に応じて投与します。腎性二次性上皮小体機能亢進症の予後は、制御できない高リン血症の場合は悪いとされています。

治療のポイント
腎臓病療法食とリン吸着剤

まとめ

犬の二次性上皮小体機能亢進症について解説しました。近年は、良質なペットフードが市販されているため、栄養性二次性上皮小体機能亢進症に出会うことは少なくなりました。

しかし、腎性二次性上皮小体機能亢進症は、高齢の犬に慢性腎臓病が多いこともあり、遭遇する場合が多いです。カルシウム(Ca)とリン(P)の積が70を越えると全身の石灰化(特に腎臓)が進むとされているので、可能な限りコントロールする必要があります。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!