犬の食物不耐症

「食物不耐症」という言葉をご存知でしょうか?聞きなれない言葉だと思いますが、食中毒や糖質不耐性、玉ねぎ中毒やチョコレート中毒など食物の摂取による好ましく無い生体反応のことを指します。

愛犬に急性嘔吐や急性下痢を引き起こす、犬の食物不耐症について解説します。

レクタングル大

食物不耐症とは

食物アレルギーと食物不耐症は、特定の原因食物に対する拒絶反応ですが、食物不耐症は免疫学的機序を介さないし点が、食物アレルギーとは異なります。

食物不耐症は、「摂取した食物または食品添加物に対する非免疫学的機序で、好ましく無い生体反応」と定義されています。

食物不耐症
摂取した食物または食品添加物に対する非免疫学的機序で、好ましく無い生体反応

この病気には、好発年齢や犬種そして性差は無いとされています。

原因

食中毒

細菌毒や真菌毒などの、毒素に汚染された食物摂取によって起こります。

例えば、ゴミ漁り、不適切に調理された手作り食、生食、汚染された缶詰または市販のドライフードなどが考えられます。

食品添加物

多くの例は、着色料(赤色や緑色色素)または特定の保存料に対する反応と考えられています。

血管作動性アミン

魚などに含まれる、食品中の血管作動性アミン類(ヒスタミンなど)の前駆物質に対する反応です。

糖質不耐性(ラクターゼ欠乏)

粘膜の病気や先天的または後天的な酵素活性の不足、あるいは牛乳に対する真のアレルギー反応(乳糖不耐症)によって、糖質の消化不足が起こります。

不適切な食物摂取

一般的に、ゴミ箱漁りなどにより普段と違う食物や腐敗した食物の摂取、大量の食物摂取(暴食)、毛や石といった食物以外の摂取(異嗜症)のことを指します。

特定の食品

玉ねぎやチョコレートなど

食物不耐症の症状

一般的には、嘔吐、下痢、間欠的な腹痛、腹囲膨満、軟便、鼓腸、排便頻度の増加などがみられます。また、蕁麻疹や浮腫がみられることもあります。

症状のポイント
急性の嘔吐や下痢などの胃腸症状

似たような症状の病気として、炎症性腸疾患(IBD)、腸リンパ管拡張症副腎皮質機能低下症、消化管腫瘍(リンパ腫など)、寄生虫性疾患、食物アレルギーなどがあります。

食物不耐症の診断と治療

診断

多くの場合、食物内容の急激な変更により起こった急性嘔吐/急性下痢症状から、食物不耐性が疑われます。適正な食物を与えることで臨床症状が改善されることにより確定診断とされます。そのため、振り返ってみると結果的に、食物不耐症だったのだなと思うことも多いです。

診断のポイント
適正な食物を与えることにより症状が改善すれば確定診断

食物アレルギーと比較して、食物不耐症では食物内容の変更に対してより早く反応します(通常1~2週間くらい)。したがって、この期間に改善がみられなければ、食物不耐症の診断に誤りがあると考える必要があります。

また必要に応じて、レントゲン検査や超音波検査などの画像検査で、他の嘔吐や下痢を引き起こす疾患を除外していきます。

治療

臨床症状に応じた対症療法を、必要に応じて行います。

7~10日間の食事内容の変更を実施して、症状の改善があるか確認します。消化器症状は、有害物質を含まない別の食事にすれば、数日以内に改善します。

予後

有害な食物または食品添加物が食事から除かれれば、予後は良好です。

有害な食物や食品添加物を与えないように気を付け、暴食や異嗜そして不消化性物質を摂取しないように、管理していく必要があります。

まとめ

犬の食物不耐症について解説しました。

人の食事、お菓子、同居する他の動物の食事(例、キャットフードなど)を自由に食べれる環境が問題となることがありますので、気をつけるようにしましょう。

関連記事犬の急性嘔吐

関連記事犬の急性下痢

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!