犬の抗菌薬反応性腸症

犬の慢性下痢の原因の一つに、詳しい仕組みは分かっていませんが、細菌感染が無いにも関わらず、抗菌薬を投与すると改善する下痢があります。

「抗菌薬に反応して改善する下痢」と定義される、犬の抗菌薬反応性腸症について解説していきます。

関連記事犬の慢性下痢

レクタングル大

抗菌薬反応性腸症とは

抗菌薬反応性腸症とはその名の通り、「抗菌薬に反応し改善する下痢」と定義されます。しかし、その原因は明らかにされていません。

以前は、「小腸細菌過剰症」と呼ばれていましたが、いくつかの研究で小腸内の細菌が必ずしも増加していないことが明らかとなり、近年は「小腸細菌過剰症」よりも「抗菌薬反応性腸症」と呼ばれることが多くなってきています。

抗菌薬反応性腸症とは
抗菌薬に反応し改善する下痢

原因

抗菌薬反応性腸症は原発性と二次性に分類されます。

原発性抗菌薬反応性腸症

消化管の細菌感染(カンピロバクター属、クロストリジウム属、サルモネラ属など)が除外されている犬でも、抗菌薬の投与で下痢の改善がみられているので、消化管の細菌感染による単純な感染症では無いようです。

腸管内の細菌の著しい増加や腸粘膜の細胞に対する障害、エンテロトキシンの分泌や腸粘膜における透過性の亢進、そしてIgA欠損などの免疫異常が原因として考えられています。

二次性抗菌薬反応性腸症

消化管の閉塞性疾患や運動性低下、膵外分泌不全、胃酸の分泌減少そして消化管バイパス手術などの基礎疾患によって起こります。

抗菌薬反応性腸症の症状

下痢(小腸性下痢)と体重減少が一般的であり、時に嘔吐もみられます。

原発性の抗菌薬反応性腸症は全ての犬で起こる可能性がありますが、若齢の大型犬(特にジャーマンシェパード)とビーグルにおける発生が多いようです。

抗菌薬反応性腸症の診断と治療

診断

原発性の抗菌薬反応性腸症は、①抗菌薬の投与によって速やかに症状が改善すること、②抗菌薬の減量または中止により症状が再発すること、③再発後、抗菌薬の再投与により再び改善すること、④便検査、血液検査、画像検査、腸粘膜の生検などで下痢を起こす明らかな疾患が認められないこと、が診断基準として提唱されています。

また、血液中の葉酸とコバラミン濃度の測定では、コバラミン濃度の低下および葉酸濃度の上昇がみられることがあります。

関連記事犬の葉酸とコバラミン(VB12)の異常

治療

二次性の抗菌薬反応性腸症に対しては基礎疾患の治療を優先します。

原発性の抗菌薬反応性腸症に対してはタイロシン(商品名:タイラン)、メトロニダゾール(商品名:フラジール)、オキシテトラサイクリン(商品名:ミノペン)などの抗菌薬のいずれかの投与が推奨されています。

タイロシンは長期に投与しても比較的安全な薬剤と考えられています。そして、高用量のメトロニダゾールでは、神経症状に注意が必要です。

抗菌薬反応性腸症に対して抗菌薬が効果を示す場合は、2週間以内に症状の改善が認められるため、2週間以上投与しても症状が改善しない場合には他の抗菌薬に変更するか、もしくは他の病気の可能性を考える必要があります。

治療のポイント
抗菌薬が効果を示す場合は、2週間以内に症状の改善がある

予後

基礎疾患の無い原発性抗菌薬反応性腸症は一般的に治療によく反応し、比較的早期(2週間以内)に下痢が改善します。しかし、下痢が改善した後に投薬を中止すると下痢の再発を認めることが多く、生涯にわたる投薬が必要となることが多いです。

まとめ

犬の抗菌薬反応性腸症について解説しました。抗菌薬に反応して比較的短期間で症状の改善がみられる点では対処しやすい病気なのですが、多くの場合には生涯にわたる投薬が必要になる点では厄介な病気の一つです。

抗菌薬での治療に加えて、食事療法(低脂肪食や易消化性食)も必要になる場合がありますので、動物病院で獣医さんと相談されるとよいでしょう。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!