犬の膵外分泌不全

愛犬に慢性的な下痢が続き、食欲が増進してよく食べるけど痩せてくるという症状がみられたら、どんな病気を考えればよいのでしょうか?

消化酵素(膵酵素)の分泌が低下し消化不良になる、犬の膵外分泌不全について解説します。

レクタングル大

膵外分泌不全とは

膵臓は胃の後ろにある臓器で、消化酵素(膵酵素)を分泌する外分泌機能と、ホルモンを分泌する内分泌機能をもっています。

膵酵素は腺房細胞より分泌され、膵管を通して十二指腸内へ送られます。この膵酵素は糖質を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素を含んでいます。

膵臓のランゲルハンス島細胞からは、インスリン、グルカゴン、ソマトスタチンなどのホルモンが分泌されます。

膵臓の働き
消化酵素(膵酵素)を分泌する働きと、ホルモンを分泌する働き

膵外分泌不全とは、腺房細胞からの消化酵素(膵酵素)の分泌が低下し、消化不良になる病気です。

膵外分泌不全とは
消化酵素(膵酵素)の分泌が低下し、消化不良になる病気

原因

慢性膵炎や腫瘍などにより、膵臓の大部分が障害された結果として生じる場合と、膵酵素を分泌する腺房細胞のみ障害される、膵腺房細胞萎縮により生じる場合があります。

かつては、膵腺房細胞萎縮が主な原因と考えられていましたが、近年は慢性膵炎や腫瘍に関連した膵外分泌不全も多いとされています。

膵外分泌不全の原因
慢性膵炎、膵腺房細胞萎縮(自己免疫疾患)、腫瘍

膵腺房細胞萎縮は、ジャーマンシェパード、ラフコリー、イングリッシュ・セター、チャウチャウなどでの発生が多いとされています。

膵腺房細胞萎縮は自己免疫性疾患が示唆されており、ランゲルハンス島細胞への障害は少ないため、糖尿病が併発することはまれですが、慢性膵炎や腫瘍に関連した膵外分泌不全の場合は、ランゲルハンス島細胞も同時に障害されることが多く、糖尿病を併発する可能性があります。

膵外分泌不全の症状

食欲が増進するにも関わらず体重が減少するのが、症状としては特徴的です。また、「未消化の脂肪により白みを帯び、表面に光沢があり、匂いの強い便」というのが典型的な膵外分泌不全の便であるとされています。しかし、このような特徴的な下痢がみられない場合もあります。そして、既往歴として膵炎がある場合には、この病気が強く疑われるかもしれません。

症状のポイント
食欲が増進するにも関わらず体重が減少する

コバラミン(ビタミンB12)の吸収に必要な物質も主に膵臓で合成されるため、コバラミン欠乏が起こる場合もあります。

関連記事犬の葉酸とコバラミン(VB12)の異常

また、抗菌薬反応性腸症を併発することがあり、膵外分泌不全の病態を悪化させる要因となります。

膵外分泌不全の診断と治療

診断

血液検査、レントゲンや超音波などの画像検査そして糞便検査を行い、追加検査としてトリプシン様活性物質(TLI)を測定して確定診断することが多いです。

通常、血液検査では大きな異常がみられないことが多いですが、症状が進行して痩せてきている場合には、低アルブミン血症、中性脂肪や総コレステロールの低下そして低血糖などがみられることがあります。また、糖尿病を併発している場合には、高血糖がみられることがあります。

膵外分泌不全の標準的な診断方法として、血中トリプシン様活性物質(TLI)が有用であるとされており、犬膵リパーゼ(cPLI)も有用とされていますが、血中トリプシン様活性物質(TLI)より精度が劣るとされています。

診断のポイント
血中トリプシン様活性物質(TLI)の測定

血中コバラミンおよび葉酸濃度を補助的に測定することがあります。膵外分泌不全では、コバラミンが欠乏することがあるので、その場合には注射でのコバラミンの投与が必要となります。また、葉酸が高値であれば抗菌薬反応性腸症を疑うことができます。

治療による症状の改善に乏しい場合には、抗菌薬反応性腸症などの併発疾患や、消化管内寄生虫などの他の疾患を考える必要があるかもしれません。

治療

膵外分泌不全を発症した場合、膵臓を治すことは不可能なので、不足した消化酵素の補給を行って症状の改善を目指します。消化酵素の補給は、基本的には生涯にわたって続けなければなりません。

治療のポイント
生涯にわたる消化酵素の補給

消化酵素は製品により、原材料、腸溶性の有無、必要な量、含まれる酵素活性などに違いがあります。犬によってどの製品に反応が良いか、使用してみないとわからないことが多いです。もし、初期治療による反応が不十分な場合には、他の製品を試す価値があるかもしれません。なお、腸溶剤成分が含むものの方が好ましいとされています。また、症状の改善が不十分な場合に、胃内での失活を防ぐために制酸剤(H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬など)を併用することもあります。

消化酵素は、必要な投与量も犬により異なります。推奨投与量から開始し、反応が悪ければ徐々に増量していくのがよいでしょう。副作用は稀ですが、口腔内出血、消化器症状の悪化などが報告されています。

膵腺房細胞萎縮による膵外分泌不全の場合には、必ずしも低脂肪食を必要としないと考えられていますが、慢性膵炎に起因すると考えられる膵外分泌不全に対しては、低脂肪食が適応となります。

予後

膵外分泌不全は、予後良好な疾患であるとされています。症状が落ち着きさえすれば、継続的な消化酵素の投与を行う限り、長期的にも安定することが多いです。

しかし、生涯にわたる治療が必要とされるので、中〜大型犬では消化酵素を継続的に使用する経済的負担が懸念されます。

まとめ

犬の膵外分泌不全について解説しました。慢性的な下痢が続き、食欲が増進してよく食べるけど痩せてくるという症状がみられたら、膵外分泌不全の可能性がありますので、動物病院を受診するようにしましょう。

治療に用いる消化酵素は、反応が良い製品や必要な投与量も犬によって差がありますので、獣医さんとよく相談すると良いでしょう。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!