胃腸の病気

胃腸の病気

犬の慢性下痢を丁寧に解説

下痢とは主に消化機能の異常によって、普段より軟らかい便が出ることです。3週間を超えても下痢が続く場合を慢性下痢と言います。炎症性腸疾患(IBD)、食物(食物不耐性/食物アレルギーなど)、腸リンパ管拡張症、抗菌薬反応性腸症、膵外分泌不全、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、肝不全、腫瘍(リンパ腫など)などが原因となります。
胃腸の病気

犬の急性下痢を丁寧に解説

下痢とは主に消化機能の異常によって、普段より軟らかい便が出ることです。下痢は突然発症することが多いですが、短期間で治ることが多く、この場合を急性下痢と呼びます。様々なことが原因となり、胃腸の病気が原因となることが多いですが、胃腸以外の病気でも下痢になることに注意が必要です。
胃腸の病気

犬の腸リンパ管拡張症

愛犬に慢性の下痢が続いて、体重減少や腹水の貯留などの症状がみられたら、どんな病気を考えればよいのでしょうか? 3週間を超えても続く下痢を慢性下痢と呼びますが、その原因となる腸リンパ管拡張症について解説していきます。 腸リンパ管拡張症...
胃腸の病気

犬の胆嚢粘液嚢腫

愛犬にお腹を触ると痛がる様子がみられたり、皮膚や粘膜が黄染する黄疸がみられた場合、どんな病気を考えますか? 症状が進行すると胆嚢破裂による胆汁性腹膜炎を起こすこともある、犬の胆嚢粘液嚢腫について解説します。 胆嚢粘液嚢腫とは 胆嚢...
胃腸の病気

犬のコクシジウム症

愛犬が下痢をした際に、動物病院で糞便検査を実施する事が多いと思われます。 急性下痢や慢性下痢を引き起こし糞便検査で検出される、犬のコクシジウム症について解説します。 コクシジウム症とは コクシジウム症は、イソスポーラ属の寄生虫が腸...
胃腸の病気

犬のジアルジア症

愛犬が下痢をした際に、動物病院で糞便検査を実施する事が多いと思われます。 急性下痢や慢性下痢を引き起こし糞便検査で検出される、犬のジアルジア症について解説します。 ジアルジア症とは ジアルジア症は、ジアルジア(Giardia la...
胃腸の病気

犬のパルボウィルス感染症

離乳期後の生後4~12週齢の移行抗体が低下する頃に、重度の胃腸症状を呈し、高い死亡率のウイルス感染症があります。 愛犬の混合ワクチンにコアワクチンとして必ず入っている、犬パルボウイルス感染症について解説します。 犬パルボウイルス感染...
胃腸の病気

犬の食物不耐症

「食物不耐症」という言葉をご存知でしょうか?聞きなれない言葉だと思いますが、食中毒や糖質不耐性、玉ねぎ中毒やチョコレート中毒など食物の摂取による好ましく無い生体反応のことを指します。 愛犬に急性嘔吐や急性下痢を引き起こす、犬の食物不耐...
胃腸の病気

犬の食物アレルギー(胃腸性)

愛犬が、慢性の嘔吐や下痢などの胃腸症状を示すときに、考慮しなければならない病気の一つに、食物アレルギーがあります。 診断と治療に必要な、除去食試験と誘発試験などについて解説しています。 食物アレルギーとは アレルギーとは、免疫反応...
胃腸の病気

犬の胃拡張捻転症候群

1回に多量の食事、食物の早食い、水や食物を摂取した直後の激しい運動などで引き起こされる病気をご存知でしょうか? 胸の深い大型犬や超大型犬などに多くみられる傾向があり、急性嘔吐を引き起こし、高い致死率の犬の胃拡張捻転症候群について解説し...
胃腸の病気

犬の急性膵炎

愛犬に、食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛などの症状が突然みられたら、どんな病気を考えれば良いのでしょうか? 急性嘔吐や急性下痢の原因となり、重症になると致死率が高い犬の急性膵炎について解説していきます。 関連記事:犬の急性嘔吐 ...
胃腸の病気

犬の膵外分泌不全

愛犬に慢性的な下痢が続き、食欲が増進してよく食べるけど痩せてくるという症状がみられたら、どんな病気を考えればよいのでしょうか? 消化酵素(膵酵素)の分泌が低下し消化不良になる、犬の膵外分泌不全について解説します。 膵外分泌不全とは ...
タイトルとURLをコピーしました