犬の急性膵炎

愛犬に、食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛などの症状が突然みられたら、どんな病気を考えれば良いのでしょうか?

急性嘔吐や急性下痢の原因となり、重症になると致死率が高い犬の急性膵炎について解説していきます。

関連記事犬の急性嘔吐

関連記事犬の急性下痢

レクタングル大

急性膵炎とは

膵臓は胃の後ろにある臓器で、消化酵素(膵酵素)を分泌する外分泌機能と、ホルモンを分泌する内分泌機能をもっています。

膵酵素は腺房細胞より分泌され、膵管を通して十二指腸内へ送られます。この膵酵素は糖質を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素を含んでいます。

膵臓のランゲルハンス島細胞からは、インスリン、グルカゴン、ソマトスタチンなどのホルモンが分泌されます。

膵臓の働き
消化酵素(膵酵素)を分泌する働きと、ホルモンを分泌する働き

犬の急性膵炎は、さまざまな原因によって膵臓内の消化酵素(膵酵素)が活性化されることにより膵臓自身を消化してしまい、膵臓やその他の主要な臓器に炎症と障害が引き起こされる病気です。

急性膵炎とは
膵臓内の消化酵素(膵酵素)で、膵臓自身を消化してしまう病気

原因

膵炎の原因は、特定できないことが多いです。しかし、多くの要因が犬の膵炎発症の原因として考えられています。

例えば、副腎皮質機能亢進症糖尿病甲状腺機能低下症などの内分泌疾患が膵炎を発症させる可能性が考えられています。また、高脂肪食や高グリセリド血症そして肥満なども膵炎発生の危険性があるとされています。

ミニチュアシュナウザーやヨークシャーテリアなどのテリア系に、急性膵炎の発症が多いようです。

急性膵炎の症状

急性の食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛などが、急性膵炎の典型的な症状としてみられ、下痢を伴うこともあります。

炎症が膵臓に限局した軽度の急性膵炎では、重症化することは少なく治癒することが多いです。しかし、炎症が膵臓だけにとどまらない重度の急性膵炎の場合には、全身性炎症反応症候群(SIRS)、多臓器不全症候群(MODS)、ショック、急性腎不全、播種性血管内凝固(DIC)などの重篤な合併症を引き起こし、死に至る危険性もあります。

症状のポイント
急性の食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛。重症化すると死に至る危険性あり。

急性膵炎の診断と治療

診断

食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛などの急性の臨床症状で急性膵炎を疑った場合、血液検査、レントゲンや超音波などの画像検査などを行い、追加検査として犬膵特異的リパーゼ(Spec-cPL)などを測定します。超音波検査では、急性膵炎に特徴的な所見を認めることがあります。

診断のポイント
:犬膵特異的リパーゼ(Spec-cPL)や超音波検査所見

治療

急性膵炎では、早期の治療開始が重症化を防ぐ可能性があると考えられています。

臨床症状や検査結果から急性膵炎が強く疑われる場合には、入院での治療を行うこともあります。初期治療としての輸液、鎮痛剤、吐き気止めで治療されることが多いです。

治療のポイント
輸液、鎮痛剤、吐き気止め。入院も考慮。

以前は急性膵炎の犬に対して3日ほどの絶食絶水行うことが勧められていましたが、絶食絶水による悪影響(腸粘膜の萎縮、腸内細菌の移行など)も指摘されており、現在はより早期に食事を与えた方がよいと考えられています。具体的には、腹痛や嘔吐の消失もしくは食欲が認められた時点で、少量の水や低脂肪食を与えることが推奨されています。

蛋白分解酵素阻害薬が犬の急性膵炎に対して用いられることがありますが、その有効性に関する根拠は乏しいとされています。

予後

重症の急性膵炎では、合併症を引き起こし死亡することもあります。

治癒した後も再発することがあるため、低脂肪食による食事管理を行う必要があります。

予後のポイント
低脂肪食による食事管理

まとめ

犬の急性膵炎について解説しました。食欲不振や嘔吐そして腹部圧痛などの症状が突然みられ、重症になると致死率が高いのがこの病気です。

早期の治療開始により重症化を防げる可能性があるので、急性膵炎を疑う症状がある時には、早急に動物病院を受診するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大