犬のグルカゴノーマ

糖尿病で血糖値をコントロールしていてもうまくいかない時に、どんなことを考えますか?

インスリノーマと同じ膵臓の腫瘍である、犬のグルカゴノーマについて解説します。

レクタングル大

グルカゴノーマとは

膵臓は胃の後ろにある臓器で、消化酵素(膵酵素)を分泌する外分泌機能と、ホルモンを分泌する内分泌機能を持っています。

膵酵素は腺房細胞より分泌され、膵管を通して十二指腸内へ送られます。この膵酵素は糖質を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素を含んでいます。

膵臓のランゲルハンス島の細胞はいくつかに分類され、α細胞からはグルカゴン、β細胞からはインスリン、δ細胞からはソマトスタチンというホルモンが分泌されます。

膵臓の働き
消化酵素(膵酵素)を分泌する働きと、ホルモンを分泌する働き

そしてグルカゴノーマとは、犬でまれに発生するランゲルハンス島のα細胞の腫瘍です。一般に中齢〜高齢犬で発生し、好発する犬種や性差は今のところ報告されていないようです。

グルカゴンの過剰分泌によって強いインスリン抵抗性が起こるため、症例は多飲・多尿など糖尿病の症状がみられます。また、グルカゴンはアミノ酸がアンモニアと炭水化物に分解されるのを促進するので、グルカゴノーマの犬では低アミノ酸血症・高アンモニア血症になる傾向があります。

そして、このような代謝異常が原因となり、肝障害、皮膚炎、粘膜障害などの症状が現れるとされています。

グルカゴノーマは診断された時にはすでに病気が進行した状態であり、予後不良の病気だと考えられています。

グルカゴノーマ
膵臓α細胞の機能的な腫瘍で、高血糖などのグルカゴン過剰分泌に関連した症状を起こす

グルカゴノーマの症状

グルカゴノーマで過剰に分泌されるグルカゴンには、糖質以外の物質(ピルビン酸、乳酸、糖原性アミノ酸など)からグルコースを産生する働き(同化作用)と、脂質やタンパク質などの大きな分子を分解する働き(異化作用)があります。その結果、高血糖や尿糖の排泄、そして筋力の低下や体重減少などがみられます。また、高血糖と尿糖排泄のため、水をいっぱい飲んでおしっこをたくさんする多飲多尿の症状がみられます。

皮膚のびらんや紅斑、粘膜障害もよくみられる症状です。壊死性遊走性紅斑(NME)と呼ばれる、皮膚の圧力や摩擦が加わりやすい部位での紅斑性水疱がみられることがあります。

症状のポイント
高血糖、多飲多尿、筋力の低下、体重減少、皮膚症状など

グルカゴノーマの診断と治療

診断

グルカゴノーマは病歴、臨床症状、血液検査、画像診断などで診断します。

血液検査では、高血糖、肝酵素上昇、高アンモニア血症、低アミノ酸血症がみられます。血糖値は、高用量のインスリン(1.5U/kg)によっても下降しないか、日によって大きく不安定などの特徴がみられます。

腹部の超音波検査では、肝臓に転移性の病変がみられることが多いです。しかし、膵臓内の原発性の病巣は、非常に小さい(直径数mm)ことが多いとされており、みつからない事も多いそうです。そのため、CT検査はグルカゴノーマの原発巣や転移巣をみつけるのに、有用だと考えられています。

本来的には、診断のためにグルカゴノーマにより血中のグルカゴンが上昇しているのかを、血液検査で測定しなければならないのですが、現在犬のグルカゴンを測定している検査施設は無いようです。

よって、仮診断にて治療を開始せざるを得ない場合もあります。

関連記事犬の血糖値(Glu)の異常(高血糖/低血糖)

診断のポイント
病歴、臨床症状、血液検査、画像診断などで診断

治療

グルカゴノーマの原発巣の位置が明らかになっている場合であれば、外科手術による腫瘍の摘出が推奨されています。

人において有効とされる抗がん剤はあるそうですが、犬での有効な化学療法は確立されていません。

支持治療として高血糖に対するインスリン治療やアミノ酸輸液、そして過剰なグルカゴン分泌に対してソマトスタチン誘導体であるオクトヌクレオチドを用いることがあります。ソマトスタチンというホルモンには、成長ホルモン、グルカゴン、インスリンの分泌を低下させる働きがあり、オクトヌクレオチドはソマトスタチンよりこの働きが強いとされているため、グルカゴンの分泌に対し抑制的に働きます。

治療のポイント
可能であれば外科手術による摘出

予後

予後は不良です。

まとめ

犬のグルカゴノーマについて解説しました。犬ではまれな病気だとされていますが、糖尿病で治療していても、血糖値が高用量のインスリン(1.5U/kg)によっても下降しないか、日によって大きく不安定などの場合には注意が必要です。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!