犬の血管肉腫

免疫機能を持ち、古い赤血球を壊し、血液を蓄え、さらに造血を行う能力を持つ「脾臓」という臓器が体にはあります。

脾臓に最も多く発生する腫瘍である、犬の血管肉腫について解説します。

血管肉腫とは

血管肉腫は血管内皮由来の悪性腫瘍で、犬で多くみられます。特に中〜高齢犬で多くみられ、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなどの大型犬に多くみられる傾向があります。

犬の血管肉腫で、最も普通にみられるのは脾臓で、それに次いで、右心房(右心耳)、皮膚、皮下組織(骨格筋)、肝臓があります。その他に、腎臓、口腔、骨、膀胱、左心室、子宮、舌、指端、後腹膜などでの発生も報告されています。

血管肉腫
血管内皮由来の悪性腫瘍で、脾臓で最もよくみられる

なお脾臓に「できもの」ができた時には、2/3ルールというのが存在します。それは、脾臓にできた「できもの」の2/3は悪性腫瘍で、そのさらに2/3が血管肉腫であるというものです。

原因

犬の血管肉腫の真の原因は不明ですが、皮膚の血管肉腫では紫外線の暴露との関係が示唆されています。

人や実験動物では、過去にレントゲン検査の血管造影剤として使用されていた二酸化ナトリウム、そしてクロロエチレンやヒ素化合物などといった薬物に暴露されることによって、血管肉腫が発生することが証明されています。

血管肉腫の症状

血管肉腫の症状は発生した場所によって異なります。

脾臓、肝臓、腎臓、後腹膜などのお腹の中の臓器や組織で発生した場合には、大型の腫瘍であったり血液様の腹水が貯留することによって、お腹周りが膨らんでみえることがあります。また、腫瘍からお腹の中への出血により、元気や食欲の低下、粘膜が白くみえる、ふらつきや震えがみられ、さらにお腹の中で腫瘍が破裂して急激な出血が発生した場合には、ショックに陥ることもあります。

心膜内で発生した場合には、心臓と心臓を覆う心外膜の間に液体が大量に貯留することによって心臓の拍動が阻害された状態である「心タンポナーデ」となり、右心不全の症状がみられ腹水が貯留したり、息を吸う時(吸気時)に脈が弱くなる「奇脈」という現象がみられることもあります。さらに心不全症状が重症になると運動を嫌がる、呼吸困難、ぐったりするなどの症状がみられます。

症状のポイント
お腹の中の場合には、腹水や腫瘍でお腹周りの膨らみがみられ、心臓の場合には心不全症状がみられる

血管肉腫の診断と治療

診断

腹水やお腹周りの膨らみなどがあり、お腹の中の腫瘍が疑われる場合には、レントゲン検査や超音波検査などの画像検査が有用です。また、心臓性であれば心エコー検査を行います。

血液検査では、失血(お腹の中の出血など)により貧血や低タンパク血症がみられます。血小板減少が75~97%でみられるとされ、血液凝固検査も重要です。中にはすでに、播種性血管内凝固(DIC)に陥っていると判断される場合もあります。

さらに、血管肉腫を疑う場合での針生検によるお腹の中の「できもの」の検査は、役に立たない可能性が高く、かつ出血を起こす可能性があるため推奨されていません。

なお、脾臓で似たような症状を示す病気として、脾捻転、リンパ腫、血管腫、血腫、再生性結節、その他の肉腫があります。

診断のポイント
画像検査での腫瘍の探索。凝固系の異常に注意。

治療

脾臓に発生した血管肉腫では、治療として脾臓摘出が選択されることが多いです。また、仮に血腫や過形成であったとしても破裂してお腹の中に大量出血する恐れがあるので、実施が推奨されます。

しかし、血管肉腫における脾臓の摘出は、治癒目的ではなく緩和目的の手術であり、腫瘍が破裂して大量出血を起こすことを防ぐこと目的となります。

また、心内膜に発生した血管肉腫に対しては、心膜切除術を行い、「心タンポナーデ」を解消することでの、生存期間の延長を目的とします。

脾臓や心臓以外の部位での血管肉腫も基本的には、外科手術による切除が推奨されています。

血管肉腫は外科手術後に、抗がん剤による化学療法が推奨されており、それにより生存期間の延長がみられると報告されています。

治療のポイント
外科手術による腫瘍の摘出と抗がん剤による化学療法

予後

血管肉腫の予後は悪いです。

脾臓の血管肉腫における生存期間の中央値は、無治療の場合約1ヶ月、脾臓摘出のみを行なった場合で術後約3ヶ月、脾臓摘出後に抗がん剤による化学療法を行なった場合で術後約6ヶ月が目安といわれています。また、脾臓摘出後の1年生存率は化学療法を併用したとしても、10%以下だとされています。

さらに、皮膚に発生した血管肉腫では脾臓に発生した場合に比べると予後は良いとされ、一方で心臓に発生した血管肉腫は脾臓よりもさらに予後が悪いとされています。

まとめ

犬の血管肉腫について解説しました。血管肉腫は、発生した場所によっても予後が違うので注意が必要です。

脾臓の「できもの」は血管肉腫でなく血腫や過形成でも、外科手術による摘出が推奨されています。健康診断等で、早期発見できるようにすると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で