犬の胃拡張捻転症候群

1回に多量の食事、食物の早食い、水や食物を摂取した直後の激しい運動などで引き起こされる病気をご存知でしょうか?

胸の深い大型犬や超大型犬などに多くみられる傾向があり、急性嘔吐を引き起こし、高い致死率の犬の胃拡張捻転症候群について解説します。

関連記事犬の急性嘔吐

胃拡張捻転症候群とは

胃は食道と十二指腸に繋がっている臓器で、食べたものを胃液で消化する働きがあります。胃は入り口から噴門(ふんもん)、胃底部、胃体部、幽門(ゆうもん)と呼ばれる部位で構成されています。

胃の働き
食べたものを胃液で消化する

胃拡張捻転症候群(GDV)は、胃の拡張と胃腸間膜における胃のねじれに起因する犬の急性疾患で、高い致死率があります。

胃拡張捻転症候群は、「胃拡張のみ」の場合と「胃捻転を伴った胃拡張」の場合があり、発生率は後者の方が圧倒的に多いとされています。胃の拡張が起こった後に、胃捻転が続発する考えられていますが、胃の回転は拡張を伴わずに起ここともあります。

胃拡張捻転症候群とは
胃が大きく拡張することや捻転することによって生じる致死性の高い病気

原因

原因は解明されていませんが、水や食物を摂取した後の胃の活発な運動、幽門からの胃内容物の流出障害、大量の空気嚥下などの関与が考えられています。

また発症しやすい要因として、1日1回の多量な食事、食物の早食い、水や食物を摂取した直後の激しい運動、加齢ストレス、臆病な性格、荒い気性、体重過小などが考えられます。

発症の要因
1回に多量の食事、食物の早食い、水や食物を摂取した直後の激しい運動など

グレート・デーン、ワイマラナー、セント・バーナード、ジャーマン・シェパードドッグ、アイリッシュ・セター、ドーベルマン・ピンシャーなど胸の深い大型犬や超大型犬などに多くみられる傾向がありますが、小型犬でも発症することがあります。

胃拡張捻転症候群の症状

急にぐったりとする、お腹周りが膨らむ、腹痛、ヨダレを垂らす、吐き気や内容物の出ない嘔吐などの症状などが特徴的です。

症状のポイント
急にぐったりとする、お腹周りが膨らむ、腹痛、ヨダレ、吐き気や内容物の出ない嘔吐

胃の拡張によって門脈や後大静脈が圧迫されるため、腹部臓器に血液がうっ滞し、脾臓が著しく腫大します。また、循環する血液量の低下によって、全身に必要な血液量も不足し、心拍出量と血圧が低下し、弱い脈、頻脈、粘膜蒼白、毛細血管再充満時間の延長そして呼吸困難などがみられます。このような低酸素状態は、心臓に対する影響が大きく、致死性の不整脈がみられることもあります。

胃捻転は犬を仰向けの状態で尻尾側からみた場合、時計回り(右回り)の方向に噴門から幽門の長軸に沿って90°〜360°で回転していることが多く、反時計回りの胃捻転はまれであるとされています。

胃拡張捻転症候群の診断と治療

診断

レントゲン検査で、胃内のガスの充満がみられます。また、血液検査では、低血糖や低カリウムと代謝性アシドーシスがみられます。不整脈がみられることも多いので、心電図検査も行います。

治療

循環血液量減少によるショックとエンドトキシン(菌の産生した毒素)血症を治療するとともに、緊急的に胃の減圧処置を行います。

手術で胃の位置を正常に戻し、壊死した胃や脾臓を切除し、再発防止のために胃固定術を実施します。

治療のポイント
緊急的に胃の減圧処置、そして胃の位置を正常に戻す

予後

通常、胃拡張捻転症候群では術後3日間生存し、かつ再発がなければ予後は良いとされます。

まとめ

犬の胃拡張捻転症候群について解説しました。典型的には、胸の深い大型犬や超大型犬などに多くみられる、高い致死率の緊急性の高い病気です。

すぐに胃の減圧処置と手術が必要になりますので、この病気を疑ったら動物病院を受診するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で