基礎知識

血液検査

犬のγ-GTP(GGT)の異常を丁寧に解説

γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP、γ-GT、GGT) は、ペプチドのN末端のグルタミン酸を他のペプチドまたはアミノ酸に転移する酵素であり、グルタチオンなどの生成に関与している酵素です。γ-GTPは、幅広い肝・胆道系疾患で上昇し、特に胆汁うっ滞性疾患の場合に上昇します。
血液検査

犬の血糖値(Glu)の異常(高血糖/低血糖)を丁寧に解説

血糖とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことで、糖尿病の診断の検査として有名です。血糖値は、血糖を上昇させるグルカゴンやアドレナリン、そして血糖を低下させるインスリンの働きを調節することで、体は常に一定の血糖を保っています。この血糖の調節機能がうまく働かなることにより、高血糖や低血糖が起こります。高血糖を引き起こす代表的疾患は糖尿病です。
血液検査

犬の蛋白質(TP)の異常を丁寧に解説

総蛋白(TP)とは、血清中に含まれている蛋白の総称です。蛋白はアルブミンとグロブリンで構成されており、ほとんどが肝臓で合成されています。総蛋白の異常は、アルブミンとグロブリンそしてA/G比を同時に評価することで、何が原因かを概ね推定することが可能です。
血液検査

犬のアルブミン(Alb)の異常を丁寧に解説

アルブミンは脱水以外の理由で病的に増加することは無いとされるため、基本的にはアルブミンの低下のみが問題となります。血清中のアルブミン濃度が、正常値より低下することを低アルブミン血症といいます。低アルブミン血症は、肝臓でのアルブミンの合成能低下、尿などへのアルブミンの喪失、そして飢餓などの栄養失調によるアルブミン原料の不足などが原因となります。
避妊・去勢手術

犬の避妊手術を丁寧に解説

永久的に妊娠をさせない目的もありますが、その他に卵巣、子宮、膣などの病気の予防の目的もあります。犬では避妊手術を行うことによって、乳腺腫瘍の予防効果が期待できます。その為には、2回目の発情までに避妊手術を実施することが望ましいです。
予防関係

犬の混合ワクチンについて丁寧に解説

犬の混合ワクチンに関しては、最も権威のある世界小動物獣医師学会ワクチネーション・ガイドラインが参考となるので紹介します。狂犬病予防法のような法律で定められた規則がないので、基本的には飼い主さんの任意となるので十分な知識を持つようにしましょう。
避妊・去勢手術

犬の去勢手術を丁寧に解説

去勢手術とは、精巣を摘出する手術です。犬の去勢手術の実施時期、メリット(利点)とデメリット(欠点)、潜在精巣の場合、術後の注意事項について、可能な限り詳しくそして客観的に解説しています。
予防関係

犬の狂犬病予防注射について丁寧に解説

狂犬病予防注射は、狂犬病予防法という法律に定められています。狂犬病の最も恐ろしい特徴は、発症すると100%近く死亡する感染症であることです。日本での狂犬病は、1957年以降発生していません。狂犬病予防法では、4月から6月が狂犬病予防注射の期間と定められています。
予防関係

フィラリア症の予防について丁寧に解説

犬の飼い主なら、確実に知らないといけない、フィラリア症の予防について丁寧に解説しています。フィラリアの予防薬を飲ませる期間や春に採血をしてからフィラリアの予防薬をもらう理由を解説しています。
犬のお薬

犬の痒み止め注射【サイトポイント】を丁寧に解説

2020年にゾエティス・ジャパン株式会社より犬アトピー性皮膚炎の新しい薬として「サイトポイント」が販売開始されました。このサイトポイントは、今までの経口薬と違い注射です。そして一回の注射で1ヶ月間痒みを抑える効果が持続するとされています。
犬のお薬

犬の痒み止め【アポキル】を丁寧に解説

以前は犬アトピー性皮膚炎の治療に、プレドニゾロンなどのグルココルチコイド(いわゆるステロイド)が汎用されてきましたが、近年ではより副作用が少ない痒み止めとしてアポキルが使用されています。アポキル錠は、従来のプレドニゾロンと同等の効果と即効性があり、さらに副作用が少ないといった画期的なお薬です。
犬のお薬

犬の整腸剤【ビオイムバスター錠】を丁寧に解説

動物病院で最もよく使用される犬猫用の止瀉薬(下痢止め)のひとつです。ビオイムバスター錠の効能・効果は、食欲不振、消化不良および単純性下痢の改善とされ、特に慢性の下痢ではビオイムバスター錠が非常に有効であると考えられています。
タイトルとURLをコピーしました