新しいノミ・マダニ予防薬「ブラベクト錠」

従来のノミ・マダニの予防は、フロントラインを始めとするフィプロニル製剤の背中に滴下するスポットタイプの商品が中心でした。しかし近年、食べさせることで予防する経口タイプのノミ・マダニ予防薬が商品化されるようになりました。

そして新しい世代のノミ・マダニの予防薬として画期的な経口タイプの「ブラベクト」がついに販売されるようになりました。この商品の持つ様々な魅力について解説していきます。

レクタングル大

ブラベクト錠の効果

出典元:「製品情報」ブラベクト錠HPよりスクリーンショット

ブラベクト錠は、1回の投与で3ヵ月効果が持続する新しい世代のノミ・マダニ予防薬です。成分はイソキサゾリン系のフルララネルで、チュアブル型の経口タイプのお薬なので、速やかに全身に広がり効果を発揮します。

ノミに対する効果

ブラベクト錠は実験的に犬にネコノミを感染させて、有効性と効果発現の試験を行なっています。そして3ヶ月以上の有効性と効果の即効性が確認されています。

有効性試験

ブラベクト錠は、投与後86日目(3ヵ月)までは100%の 駆除効果を示した。その後も試験期間終了の144日目まで有効性が確認された。

出典元:ブラベクト技術資料 MSD animal health

効果発現試験

ブラベクト錠は投与1時間後にはノミの駆除を開始し、8~24時間後には98~100%の駆除効果を発揮することが確認された。

出典元:ブラベクト技術資料 MSD animal health

マダニに対する効果

有効性試験ではフタトゲチマダニを、効果発現試験ではヒツジマダニを実験的に犬に感染させてそれぞれの試験を行なっています。そして、3ヶ月以上の有効性と効果の即効性が確認されています。

有効性試験

ブラベクト錠は、投与後86日目(3ヵ月)までは100%の駆除効果を示した。その後も試験期間終了の114 日目まで有効性が確認された。

出典元:ブラベクト技術資料 MSD animal health

効果発現試験

ブラベクト錠の投与日は4時間後に89.6%の駆除効果を示し、12時間後には100%の駆除効果を示した。続く第4週目、8週目および12週目においても、12時間後の駆除率はほぼ100%であり、マダニに対する有効性は持続した。

出典元:ブラベクト技術資料 MSD animal health

従来のスポットタイプは有効性は1ヶ月程度で、効果発現までの時間はノミで24時間以内そしてマダニで48時間でほぼ100%駆除というものでした。

それに比べると、ブラベクト錠はノミ・マダニに3ヵ月間以上の有効性を発揮し、しかもその効果には即効性があるという違いがあります。

ブラベクト錠のメリット

ブラベクト錠は従来のスポットタイプには無かった様々なメリットがあります。また、他にも経口タイプの予防薬はありますが、3ヵ月間効果を発揮するのはブラベクト錠のみです。

継続が苦手な方に最適

ノミやマダニを1回だけ駆除して翌月以降全くしない飼い主さんや、忙しくてなかなか動物病院に来れない飼い主さんがいます。

そんな方には、1ヶ月に1回の予防薬よりも3ヶ月に1回の予防薬の方が、投薬忘れや煩わしさがないので、継続が苦手な方には最適です。

また、ブラベクト錠のホームページには、登録をすると投薬日をお知らせしてくれるアラートメールを送信してもらえるサービスもありますので、投薬忘れが心配な方は活用されるとよいでしょう。

リンク「投薬日のお知らせ」ブラベクト錠HP

高い安全性

ブラベクト錠は2014年に世界50ヶ国以上で発売されています。現在までに大きな副作用は報告されておらず、有害事象(因果関係不明も含む全ての事象)は、10,000頭のうちわずか数頭と報告されています。

薬剤の代謝に関連する遺伝子変異(MDR1遺伝子欠損)がある犬(コリー系犬種等)は、一部の薬で重篤な副作用(神経症状:運動失調、ふらつきなど)が出ることが知られています。有名なのは、フィラリアの予防薬であるイベルメクチンです。

ブラベクト錠は、遺伝子変異のあるコリー犬への安全性試験も行なっています。それは、 遺伝子変異のあるコリー犬に通常の3倍量のブラベクト錠を投与するという試験です。その結果は、神経症状などの有害事象は確認されませんでした。よって、ブラベクト錠は遺伝子変異のあるコリー犬に対しても安全に使用できるというが確認されていますので、これらの犬種にも安心して投薬できます。

スポットタイプのデメリットがない

スポットタイプでは背中に薬剤を滴下するため、被毛に着いたり、液だれするなどの投与時の問題や、液剤の匂いや皮膚への刺激などの問題がありました。しかし経口タイプの予防薬であれば、それらの心配はありません。

そしてスポット剤では通常投与後1〜2日程はシャンプーできませんが、経口タイプであればすぐにシャンプーすることも可能です。

ブラベクト錠の効能外の効果

ブラベクト錠は、犬に対するノミ・マダニの予防薬として承認を取っているので、他の病気の治療に用いるのは効能外使用となってしまいます。しかしいくつかの疾患に有効であることが海外では報告されています。

例えば、14頭の犬疥癬に感染している犬にブラベクト錠を投与するという実験を行っています。その結果は、以下の通りでした。

14日後には、皮膚の検査で疥癬が検出されなくなった

Romero C. et al. 2016. Efficacy of fluralaner in 17 dogs with sarcoptic mange. Vet Dermatol. 27:353-e88.

この結果は、ブラベクト錠の犬疥癬への治療効果があることを示唆しています。

今後、ニキビダニ症(毛包虫症、アカラス)など犬疥癬以外の病気への効果に関する報告も出てくるものと思われます。

ブラベクトの注意事項

経口タイプならではのメリットがある反面、デメリットもあります。

万が一食べてくれない場合には、スポット剤の方が投与が容易な場合があるかもしれません。そして、投与後に吐いてしまった場合にも注意が必要です。

本剤投与後6時間以内に嘔吐した場合は、本剤を再投与すること

出典元:「適用上の注意」ブラベクト錠添付文書

最近はノミ・マダニ予防とフィラリア予防が同時にできるタイプの製品が開発されていますが、ブラベクト錠はノミ・マダニ予防だけであり、フィラリア予防は別途行う必要があります。

まとめ

新しい世代のノミ・マダニの予防薬として画期的な経口タイプの「ブラベクト錠」の魅力について解説してきました。スポットタイプの予防薬にはないメリットが経口タイプの予防薬にはあり、中でもブラベクト錠は即効性があり3ヶ月持続する効果があるのが特徴です。

ノミの予防もさることながら、近年特にマダニが媒介する感染症が問題視されており、ノミ・マダニの予防の徹底が必要とされています。昔と違い、ノミ・マダニの予防の選択肢が増えましたので、愛犬にあったノミ・マダニ予防を行ってあげるとよいでしょう。

関連記事マダニ感染症の「犬から人」への感染を詳しく解説

関連記事マダニ感染症、ネコから感染 女性死亡

関連記事ノミとマダニの予防期間

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大