犬の椎間板ヘルニア

もし愛犬の首や背中の痛み、そして前肢や後肢の歩行の異常といった症状が見られたら、それは椎間板ヘルニアかもしれません。この病気はダックスフンドを始めとする異栄養犬種と呼ばれる犬では、特に発症の危険性が高い病気です。

犬の椎間板ヘルニアの原因、症状、診断そして治療について解説していきます。

レクタングル大

椎間板ヘルニアとは

椎間板は隣り合う脊椎の間に存在しています。そして、線維輪と呼ばれる弾力のある線維が同心円を描いており、その中心部に髄核と呼ばれる物質が存在しています。脊椎の動きにより椎間板に力が加わり、椎間板の線維が変形したり髄核が飛び出すことにより脊椎内にある脊髄を障害する病気が、椎間板ヘルニアという病気です。そして線維輪が断裂し髄核が飛び出し脊髄神経を圧迫するタイプをハンセン1型、椎間板の線維が変形して脊髄神経を圧迫するタイプをハンセン2型と呼びます。

この病気は、犬の脊髄疾患のもっとも代表的な病気です。

関連記事犬の脊髄の病気

「脊椎」は背骨、「脊髄」は太い神経そして「椎間板」は背骨の間のクッションと考えていただければ概ねよいと思います。

▼犬の胸椎〜腰椎の正常レントゲン写真。黄色が脊髄、水色が椎間板を示しています。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は、発症部位と障害の程度により痛みだけのものから、歩行に異常を認めるものや障害を受けた脊髄よりも尾側の感覚や運動機能の消失、さらには排尿機能の喪失まで様々です。

また、ハンセン1型とハンセン2型で、好発犬種や症状そして経過に違いがあります。

ハンセン1型

ハンセン1型はダックスフンドを代表とする軟骨異栄養犬種が好発犬種とされ、その他にビーグル、コッカースパニエル、ペキニーズなどが挙げられます。軟骨異栄養犬種では、髄核の脱水や変性が1歳を超えたあたりから生じるため、極端に発症のリスクが高く、若齢でも見られる特徴があります。

髄核が飛び出すことが原因なので症状の発症は急性で、突然の痛みや不全麻痺や全麻痺を特徴とします。また、突出した椎間板物質が吸収されると自然治癒します。

不全麻痺とは部分的な麻痺のことで、ある程度動かすことが可能な状態のことで、全麻痺とは完全に運動能力を失った状態のことです。

ハンセン2型

ハンセン2型は椎間板の線維が変形して脊髄神経を圧迫することに起因するため、痛みを伴うこともある慢性進行性の不全麻痺を呈する。このタイプでは突出した椎間板が吸収されないので、自然治癒することはありません。

椎間板ヘルニアの診断

神経学的検査

神経学的検査を行うことで重症度の評価を行います。椎間板ヘルニアは、重症度に応じてグレード1〜5に分類されます。

グレード1:痛み

グレード2:歩行可能な不全麻痺

グレード3:歩行不能な不全麻痺

グレード4:歩行不能な全麻痺

グレード5:歩行不能な全麻痺。自力排尿不可、深部痛覚消失

※不全麻痺とは部分的な麻痺のことで、ある程度動かすことが可能な状態。全麻痺とは完全に運動能力を失った状態のこと。

画像診断

椎間板ヘルニアの画像診断は、レントゲン検査、CT検査そしてMRI検査が行われますが、椎間板ヘルニアの診断としてはMRIが一番有用性が高いです。

レントゲン検査

麻酔が不要で簡単に検査できるメリットがあります。しかし、脊髄や椎間板の診断は困難であり、脊椎の診断が中心となります。従って、椎間板ヘルニアの診断をすることはできません。ただし、脊髄増影という特殊な方法を使うことによって圧迫病変を確認することができるようになりますが、そのためには麻酔が必要になります。

CT検査

CT検査も検査の原理はレントゲンと同様ですので、骨や石灰化病変の検出には優れていますが、脊髄や椎間板の診断は困難です。しかし、レントゲン検査と比べると立体的な画像が得られるメリットがあります。また、この検査には一般的に麻酔が必要です。

MRI検査

脊椎、脊髄、椎間板を含む全ての領域の診断が可能です。レントゲン検査やCT検査で観察不可能な病変も詳細に観察することができます。椎間板ヘルニアでは、症状がほぼ同じ脊髄軟化症の存在を示唆することも可能です。従って、MRI検査は椎間板ヘルニアの診断に非常に有用な画像検査です。

しかし、MRIが設置されている施設が限られていることと、麻酔が必要でかつ費用が高額であり、場合によっては予約が必要になり、すぐに検査ができないというデメリットがあります。

 椎間板ヘルニアの治療

内科的治療と安静

症状が軽度な場合(グレード1〜3)に適応されます。

ただし、症状が消失しないあるいは悪化が見られる場合には外科的治療が必要になります。

外科的治療

感覚や運動機能の消失が認められる場合などの、症状が重度な場合(グレード3〜5)に適応になります。

内科的治療に反応しない場合にも適応となります。

外科的治療を行う場合、症状の重症度と発症からの時間経過により改善率が異なると言われています。つまりグレードが5に近いほど改善率が悪く、発症から手術までの時間経過が長いほど改善率が悪いとされています。

まとめ

犬の椎間板ヘルニアについて解説しました。椎間板ヘルニアは、犬で首や背中の痛みや不全〜全麻痺を起こす脊髄疾患の代表的なものです。椎間板ヘルニアはハンセン1型とハンセン2型がありますが、ハンセン2型は全ての犬種で起こる可能性が一方、ハンセン1型は発症する犬種が決まっています。つまり異栄養犬種と呼ばれるダックスフンド、コッカースパニエル、ビーグル、ペキニーズといった犬の飼い主さんは、特に椎間板ヘルニアに注意する必要があります。

椎間板ヘルニアはもし手術を行う場合、症状の重症度と発症からの時間経過により改善率が異なると言われています。もし椎間板ヘルニアを疑う症状が出たら、早めに動物病院を受診し治療を開始するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大