犬の尿道閉塞

愛犬がなんどもトイレに行くけど、おしっこが出ない時にどんな病気を考えますか?

緊急処置が必要となる可能性のある、犬の尿道閉塞について解説します。

レクタングル大

尿道閉塞とは

尿道閉塞は「尿結石や基質に生じた下部尿路の閉塞」と定義されています。下部尿路とは膀胱から尿道を指します。犬の代表的な尿道閉塞として、雄犬の尿道結石によるものがあります。

完全な尿道閉塞では排尿ができず、腎後性の急性腎不全が起こるので、緊急処置が必要となります。

尿道閉塞
尿道が結石などで閉塞されて排尿できない病気で、完全閉塞では緊急処置が必要

原因

尿道閉塞の原因は、尿道結石、尿道の腫瘍、尿道の組織弁/皮弁、尿道炎などで尿道が狭窄ないし閉塞する場合(構造的閉塞)と、椎間板ヘルニアや脊髄損傷などの神経障害による場合(機能的閉塞)があります。

雄犬は雌犬に比べて、解剖学的に閉塞を起こしやすいです。

尿道閉塞の原因
尿道結石や腫瘍などによる閉塞や神経障害

尿道閉塞の症状

尿道閉塞の臨床症状として、排尿痛、無尿/乏尿、血尿、包皮や外陰部を舐める行動がみられます。また、症状が進行すると元気消失や食欲不振となります。

お腹を触ると、腫大し硬くなった膀胱が触れます。また、尿漏れや包皮/外陰部に血様分泌物の付着がみられることもあります。

症状のポイント
排尿痛、無尿/乏尿、血尿、包皮や外陰部を舐める行動

尿道閉塞の診断と治療

診断

尿道カテーテルを挿入することで、構造的閉塞(尿道の狭窄や閉塞)と機能的閉塞(神経障害)を区別することができます。構造的閉塞では閉塞部位でカテーテルが入らなくなりますが、機能的な閉塞では外尿道口から入れたカテーテルがスムーズに膀胱に入ります。

血液検査では、高窒素血症や高カリウム血症などがみられます。

診断のポイント
尿道へのカテーテルの挿入

関連記事犬のBUNとクレアチニンの異常(腎機能)

関連記事犬の電解質(Na-k-Cl)の異常

治療

完全な尿道閉塞では、腎後性の急性腎不全が起こるので、緊急処置が必要となります。迅速な閉塞の解除を行いますが、すぐに閉塞の解除ができない場合には、膀胱に直接針を刺す膀胱穿刺を行い、一時的に膀胱の内圧を減圧します。

結石による閉塞の解除の方法として、逆行性尿水圧推進法というのがあります。これは、膀胱に押し戻せるものは膀胱に押し戻してから、溶解または摘出する方法です。

再度尿道閉塞を起こす可能性が高い場合などには、会陰部尿道造瘻術という手術を行う場合もあります。

また、検出された結石の種類により、食事療法やお薬による治療が必要となります。

関連記事犬の尿路結石

治療のポイント
迅速な閉塞の解除。場合によっては手術を行うこともある。

予後

尿道閉塞は致命的な疾患です。

閉塞を軽減し、電解質異常を治療できれば予後は良好であるとされています。

まとめ

犬の尿道閉塞について解説しました。排尿痛、無尿/乏尿、血尿、包皮や外陰部を舐める行動などがあった場合には、尿道閉塞が疑われますので、動物病院を受診するようにしましょう。

結石が原因の場合には飲水量を増やしたり、食事療法やお薬による治療が必要となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レクタングル大
レクタングル大