皮膚の病気

皮膚の病気

犬の皮膚組織球腫を丁寧に解説

皮膚にできた組織球の良性の腫瘍です。より正確には、は皮膚にできた表皮ランゲルハンス細胞の反応性増殖です。皮膚組織球腫は、比較的急に増大する境界明瞭な赤色のドーム状の"できもの"が典型的な症状です。この病変は、頭部、耳、四肢でよく発生します。診断は、針生検です。
皮膚の病気

犬の膿皮症を丁寧に解説

犬の皮膚で細菌が増殖する病気です。犬の皮膚病では、膿皮症は非常に多い病気です。細菌が毛穴や皮膚表面に感染したものを表在性膿皮症、真皮や皮下組織で感染したものを深在性膿皮症と呼びます。表在性膿皮症は、皮膚あるいは皮膚のバリア機能の異常が原因で、細菌が感染するとされています。
皮膚の病気

犬のノミアレルギー性皮膚炎を丁寧に解説

ノミの感染に伴うアレルギー性皮膚炎です。ノミが原因で起こる犬の病気は、ノミ刺症とノミアレルギー皮膚炎の二つがあります。犬でも猫でも寄生しているノミは、ほとんどがネコノミ(Ctenocephalides felis)です。犬の92%以上と猫の97%以上が、ネコノミ感染です。
皮膚の病気

犬の脱毛症X(毛周期停止)を丁寧に解説

毛周期が休止期で停止してしまう病気で、特にポメラニアンでの発症が多いです。脱毛症X(毛周期停止)では、全身症状や明らかな代謝異常を伴わない、体幹部を中心とした脱毛症が典型的な症状です。この脱毛症は、頚部と大腿尾側そして尾から始まり、経過とともに頭部と四肢を除く体全体へと広がっていきます。
皮膚の病気

犬の全身性エリテマトーデス(SLE)を丁寧に解説

免疫複合体の組織沈着により起こる自己免疫疾患です。犬のエリテマトーデスは、全身性エリテマトーデス(SLE)と皮膚型エリテマトーデス(CLE)に分類され、全身性エリテマトーデスは、少なくとも2つの異なった器官系が冒された多発性全身性免疫疾患と定義されます。
皮膚の病気

犬の円板状エリテマーデス(DLE)を丁寧に解説

皮膚の基底膜を主体とした自己免疫疾患で、全身性エリテマトーデスの良性の亜型(本来の型から派生して出来たもの)です。犬でよくみられる病気で、コリーノーズや鼻日光皮膚炎とも呼ばれます。夏や日差しの強い季節により多く発症することが知られており、紫外線が危険因子とされています。
皮膚の病気

犬のマダニ症を丁寧に解説

マダニに咬まれ吸血されることです。また、マダニに咬まれることでダニ媒介性感染症が起こることがあります。マダニは、ヒトと犬とで共通の感染症(重症熱性血小板減少症候群など)を媒介する場合もあります。マダニ症では、咬みついた部位に皮膚病変がみられ、その他の症状として、貧血やマダニ唾液蛋白質に対するアレルギー反応がみられる場合もあります。
皮膚の病気

犬のアトピー性皮膚炎を丁寧に解説

犬のアトピー性皮膚炎は、最も一般的な犬のアレルギー性皮膚疾患です。残念ながら、現時点では根治できない病気なので、治療の目的は痒みと炎症の管理となります。主な治療として、グルココルチコイド(ステロイド)、シクロスポリン(商品名:アトピカ)、オクラシチニブ(商品名:アポキル)、ロキベットマブ(商品名:サイトポイント)などがあります。
皮膚の病気

犬の皮膚血管炎

血管は、血液を身体の各所に送るための通路となる管で、全身へ酸素や栄養分、老廃物、体温、水分を運ぶ役割があり、全身に隈なく分布しています。その血管に炎症が起きる病気を血管炎と呼び、特に皮膚の血管を中心にみられるものを皮膚血管炎と呼びます。 日...
皮膚の病気

犬の多形紅斑/中毒性表皮壊死症

人の多形紅斑/中毒性表皮壊死症は、ヘルペスウイルスや肺炎マコプラズマとの関連や原因不明とされる場合もありますが、薬物が原因となることが圧倒的に多いとされます。 犬でも同様に薬物(投薬)が原因となることが多い、犬の多形紅斑/中毒性表皮...
皮膚の病気

犬の薬疹

薬疹とは、皮膚にあらわれる薬の副作用のことであり、多くは薬に対するアレルギー反応だと考えられています。 様々なパターンの皮膚症状がみられるため専門家でも診断が困難とされる、犬の薬疹(薬剤性皮膚反応)について解説します。 犬の薬疹とは 犬の...
皮膚の病気

犬の紅斑性天疱瘡

人の紅斑性天疱瘡(こうはんせいてんぽうそう)は、デスモソーム(デスモグレイン1)に対する自己抗体を有し、落葉状天疱瘡に移行することがあるとされ、落葉状天疱瘡の亜型(本来の型から派生して出来たもの)とも考えられています。 犬でも同様に、...
タイトルとURLをコピーしました