犬の外耳炎

人でも、耳の痒みや痛みとして外耳炎がみられることがあります。悪化をすると耳の閉塞感や難聴、耳から液体の出る「耳垂れ」を起こします。

時に要因が複雑な絡み合うことで治療が難しくなる、犬の外耳炎について解説します。

レクタングル大

外耳炎とは

犬の耳は耳介・外耳道・鼓膜で構成されており、鼓膜の奥に中耳と内耳が存在します。

耳介は音波を集め、外耳道は音波を中耳に伝える働きをします。そして音波は鼓膜を振動させ、その鼓膜の振動が中耳に伝わります。

中耳には鼓室や耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)があり、鼓膜が振動すると、鼓膜に付着している耳小骨を経由して内耳に音が伝わります。耳小骨は、てこの原理で鼓膜の振動を増幅させる増幅器の働きをしています。中耳の内腔は粘膜で裏打ちされており、耳管で咽頭と繫がっています。

内耳は、聴覚をつかさどる蝸牛と平衡感覚をつかさどる前庭(卵形嚢・球形嚢・三半規管)から構成されています。

外耳炎は、鼓膜から外側の耳道に発生する急性および慢性の炎症性疾患で、犬で多くみられます。外耳炎の治療が成功しないと、中耳炎および内耳炎に進行することがあります。

外耳炎には、炎症が発現する頻度が高くなる「素因的要因」、外耳炎を直接引き起こす「一次的要因」、治療が上手くいかない原因となる「持続性要因」などが複雑に絡み合っている場合があるので注意が必要です。

外耳炎
耳の外耳という部分に炎症を起こした状態

原因

人では、耳そうじなどで傷がつき、そこから細菌やカビが入って炎症を起こすことが主な原因と考えらえているそうです。また、耳が清潔に保たれていない場合や、整髪剤などが耳の中に入ることによっても、外耳炎が引き起こされるそうです。

犬では、外耳炎の原因となると考えられる一次的要因と、これらに続発する二次的な原因があります。二次的な原因として、細菌感染やマラセチ感染が一般的です。これらは、単独で外耳炎を発生させることはほとんどないと考えられています。

素因的要因や持続的要因は、存在すること自体が必ずしも外耳炎を引き起こすとは限らないが、外耳炎となるリスクを上昇させ治療を困難にする要因のことです。

素因的要因

素因的要因が存在することにより、外耳炎の発生頻度が高くなります。

素因的要因には、耳道内の過剰な毛(プードルなど)、耳の内側の過剰な毛、下垂した耳(コッカースパニエル、スプリンガースパニエルなど)、狭い耳道(イングリッシュブルドック、チャウチャウ、シャーペイなど)による構造の問題、高温多湿の環境、水泳、グルーミングなどの過剰の湿度の問題、腫瘍やポリープなどの閉塞性の病変、原発性滲出性中耳炎(PSOM)、腫瘍による中耳炎などの原発性中耳炎、発熱、衰弱、免疫抑制、ウイルス感染などの全身性疾患の問題、耳道内の細菌叢の変化やクリーニングによる外傷などの耳の処置の問題などがあります。

一次的要因

外耳炎を引き起こす直接の原因を、一次的要因と呼びます。一時的要因には以下のようなものがあります。

  • アレルギー疾患:アトピー性皮膚炎、食物有害反応、食物アレルギー、接触性皮膚炎など
  • 免疫疾患:水疱性類天疱瘡、表皮水疱症、紅斑性狼瘡、落葉状天疱瘡など
  • 内分泌疾患:副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)甲状腺機能低下症、性ホルモン失調など
  • 上皮形成障害:脂質反応性脂漏症、原発性特発性脂漏症、皮脂脂腺炎、ビタミンA反応性皮膚症、亜鉛反応性皮膚症など
  • 異物:毛、芒、牧草、砂、泥など
  • 腺の疾患:脂腺の過形成/低形成、分泌の割合や種類の変化など
  • 免疫介在性疾患:薬物反応性、多形紅斑、血管炎、脈管症など
  • 微生物疾患:真菌など
  • 寄生虫疾患:ツツガムシ、ニキビダニ、耳ダニ、ダニなど
  • ウイルス疾患:犬ジステンパーなど
  • その他の問題:耳介軟骨炎、特発性炎症/コッカースパニエルの肥厚性外耳炎、若年性蜂窩織炎、耳道の狭窄(結合織)など
  • 原因不明

持続性要因

治療が上手くいかない原因として、持続性要因の存在があります。

持続性因子には、耳垢の過剰な産生などの上皮の問題、浮腫、耳道の肥厚性変化などの耳道の問題、拡張、憩室/ポケット、破れなどの鼓膜の問題、アポクリン腺の詰まりと拡大、汗腺炎、脂腺過形成などの腺の問題、石灰化などの周囲の組織の問題、そして中耳炎などの中耳の問題などがあります。

外耳炎の症状

頭を擦る、耳を掻くあるいは頭を振るのが一般的です。また、片側あるいは両側から耳漏がみられることもあります。

外耳炎が重度の場合または中耳炎の場合には、捻転斜頸(神経の問題で首が片側に傾いた状態)がみられます。そして聴力の低下もみられます。

耳垢の外観は原因により様々で、茶色のコーヒー滓様の場合には耳ダニを、茶色ないし灰色の場合にはマラセチア感染症を、黄白色の場合には単なる耳垢を、そして黄緑色の場合には細菌感染を疑います。

急性の外耳炎の場合には、外耳道に糜爛(びらん)や潰瘍がみられます。外耳炎に伴い、耳道壁の肥厚がみられ、慢性経過では耳垢と皮脂腺が耳道の狭窄を引き起こします。さらに耳介軟骨に石灰沈着がみられることもあります。

口を開ける時の痛み、顔面神経麻痺、捻転斜頸、眼振(自分の意思とは関係なく眼球が動く現象)、そしてホルネル症候群がみられた場合には中耳炎が疑われます。

また、耳道内の観察で「できもの」がみられる場合もあります。

症状のポイント
耳を掻くあるいは頭を振るのが一般的で、耳漏がみられることもある

外耳炎の診断

外耳炎の診断や重症度の判断は、問診、臨床所見、細胞診所見、細菌培養検査と感受性試験などを必要により行います。

問診では外耳炎が初発か再発か、再発の場合には過去の治療や再発までの間隔などを確認するようにします。また他の皮膚病の有無、食事、生活様式なども確認する必要があります。

外耳の診察では、まず耳介の内側や耳道の開口部付近を視診で確認し、臭いや被毛の状態を確認し、耳道軟骨を皮膚側から触診し柔軟性や痛みの有無を確認します。また、耳介の内側に膿疱や痂皮がある場合には、自己免疫疾患も考慮する必要があります。

外耳道は、手持ち型の耳鏡で観察を行いますが、外耳道の深部や鼓膜は確認が難しいので、専用の機器(ビデオオトスコープ)と麻酔が必要になることが多いです。耳道内では、寄生虫、耳垢、紅斑の有無やその程度、耳道内腔の大きさや耳道壁の状態、「できもの」や異物の有無などを確認し、可能であれば鼓膜を確認します。

耳垢の検査として、ミミヒゼンダニの検出や細菌やマラセチアなどの検出を行います。

また、再発の場合やなかなか治らない場合には、細菌培養検査と感受性試験を行います。

精密検査を行う場合には前述の通り、全身麻酔でビデオオトスコープによる検査を行います。これにより鼓膜付近の精査が可能となり、耳道内の「できもの」などの生検も可能になります。

診断のポイント
問診、臨床所見、細胞診所見、細菌培養検査と感受性試験などを行い、精密検査としてビデオオトスコープ

▲ビデオオトスコープによる耳道および鼓膜の観察

外耳炎の治療

治療は、慢性的な病理変化(耳道狭窄や耳介軟骨の石灰沈着など)を防ぐように積極的な治療を行います。とりあえずの目標としては、耳道の炎症を減少させ犬を快適にさせることです。そして、素因的要因や持続的要因について考慮する必要があります。

一般治療

グルココルチコイド(ステロイド)

外耳炎の治療においては、全身(注射や経口投与)もしくは局所(点耳薬)のグルココルチコイド(ステロイド)は有用であると考えられています。

抗菌薬

点耳薬では配合点耳薬であり、抗菌薬としてネオマイシン、ゲンタマイシン、ポリミキシンB、もしくはエンロフロキサシンが含まれており、さらに抗真菌薬やグルココルチコイド(ステロイド)が含まれています。1日に1~2回、治療に対する反応を確認しながら使用します。

全身性抗菌薬の投与が用いられる場合もありますが、外耳炎に対して有効性が低く細菌の耐性株特に緑膿菌の耐性株の生育を助長することが示唆されているので注意が必要です。

なお細菌感染は外耳炎の一次的要因とは考えられておらず、抗菌薬の投与だけでは外耳炎の治癒はできないことを認識する必要があるとされています。

抗真菌薬

点耳薬として、抗真菌薬が含まれている配合点耳薬があります。また、経口投与での抗真菌薬の投与を行うこともあります。

耳洗浄

耳垢等の汚れを耳道から洗い流すことは非常に良いとされ、推奨されています。ただし炎症が重度の場合には実施すべきではないとされています。その理由としては、炎症が重度の場合に洗浄すると糜爛(びらん)や潰瘍が起こることがあるためとされています。

一般的に洗浄液は、市販のイヤークリーナーが用いられます。使用前に35~38℃程度に温めて、耳道内に洗浄液を満たし、耳道全体を優しくマッサージして耳道内の耳垢を耳道壁から遊離させるようにします。その後、脱脂綿やティッシュペーパーなどで洗浄液を吸い取ります。

また生理食塩水を用いる場合や、酢と水(酢1に対して水3~5)の微温湯は、嫌がらなければ優れた洗浄液であるとされ、その理由として鼓膜が破れていても安全に使用できることが挙げられます。

なお、トリス(ヒドロキシメチル)アミノメタン-エデト酸四ナトリウム(Tris-EDTA)という洗浄液の成分は、局所使用のゲンタマイシンや他のアミノグリコシド系の抗菌薬に対する緑膿菌の感受性を大幅に上昇させることが知られており、抗菌薬投与の15分前に耳道洗浄を行うことが推奨されています。

長期治療

外科的処置

耳の状態が悪化し、外耳道が過形成組織で完全に閉塞したら、外科的処置が必要となり、全耳道切除(TECA)および鼓室胞切除術の適応となります。

治療のポイント
グルココルチコイド(ステロイド)、抗菌薬、抗真菌薬、耳洗浄などを行います。耳の状態が悪化すると外科的処置が必要となります。

予後

急性外耳炎で適切な治療が行われれば、予後は良好です。

慢性化により中耳炎を併発した場合や、耳道の過形成状態で閉塞された場合などで不可逆的変化を起こしてしまい全耳道切除術が適応となった場合には、聴覚が失われます。

まとめ

犬の外耳炎について解説しました。特に再発性の外耳炎の場合には、素因的要因、一時的要因、持続的要因を明確に認識しない限り、耳の問題が解決されません。例えば、食物アレルギーの犬が外耳炎の症状だけで来院することもあります。

外耳炎を適切に治療し、中耳炎や内耳炎に進行しないように獣医さんと相談しながら治療を進めて行きましょう。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!