犬の皮膚血管炎

血管は、血液を身体の各所に送るための通路となる管で、全身へ酸素や栄養分、老廃物、体温、水分を運ぶ役割があります。

この血管に炎症が起きる病気である、犬の皮膚血管炎について解説します。

レクタングル大

犬の皮膚血管炎とは

血管炎とは、血管を炎症の場とする病気です。血管は全身に隈なく分布しており、血管の障害は種々の臓器障害をもたらします。

人の血管炎は、主に障害される血管の大きさにより分類され、皮膚に限局して生じる一部の疾患を除いて、多くは全身症状を伴うとされています。

犬の皮膚血管炎は、真皮または皮下組織の血管壁に異常を認める疾患の総称であり、通常血管壁に免疫複合体が沈着することによって二次的に生じる血管の炎症性疾患であると考えられています。いわゆる、3型アレルギーの関与が疑われていますが、複数の原因が関与も考えられています。犬では少なく、猫でまれな病気とされています。

薬物有害反応(薬疹)狂犬病ワクチン、感染症(細菌、リケッチア、ウイルス、真菌)、悪性腫瘍、食物アレルギー、代謝性疾患(糖尿病、腎不全)、全身性エリテマトーデス(SLE)などの基礎疾患に併発する場合、または低温にさらされた場合(寒冷凝集疾患)ならびに原因不明の場合があります。

皮膚血管炎
真皮または皮下組織の血管壁に異常を認める疾患の総称

皮膚血管炎の症状

ほとんどの場合には、特に耳介、口唇、口腔内粘膜、四肢、尾および陰嚢の紫斑(皮膚内の出血)、壊死および点状の潰瘍です。耳介の病変は特に耳介先端にみられます。また、四肢先端のチアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色である状態)がみられることもあります。

食物アレルギーが基礎疾患にある犬では、蕁麻疹様血管炎と呼ばれる症状がみられることがあるとされています。これは、圧迫しても白くならない赤い皮膚の膨らみを伴う、急性に発症する全身の皮膚が真っ赤に潮紅する症状です。

狂犬病ワクチンによる症状では、ワクチン摂取部位に局所的に脱毛が生じ、そして1~5ヶ月後に広い範囲に虚血性皮膚障害による複数の皮膚病変が発生します。これらの病変は、耳介辺縁、眼周囲、骨の突出がある部分の皮膚、尾の先端、足底に発生し、脱毛、痂皮(かさぶた)形成、色素沈着、びらん、潰瘍がみられます。

耳介の増殖性血栓性血管壊死症では、耳介の先端の虫食い状、あるいは耳介内側の辺縁明瞭な潰瘍がみられます。

皮膚血管炎の犬では全身症状として、食欲不振、元気消失、発熱、関節症、ミオパチー(筋肉の疾患)、四肢の圧痕浮腫がみられる場合があります。

症状のポイント
耳介、口唇、口腔内粘膜、四肢、尾および陰嚢の紫斑(皮膚内の出血)、壊死および点状の潰瘍

皮膚血管炎の診断

他の類似の疾患を除外して、皮膚の一部を切除する「皮膚生検」により病理組織学的検査で確定診断を行います。

病理組織学的には、好中球、好酸球あるいはリンパ球性の血管炎がみられるとされています。ただし、全ての部位でこの所見がみられる訳ではないので、注意が必要です。

ダニ媒介性疾患を除外するために、リケッチア感染症に対する検査が海外では推奨されていますが、海外渡航歴が無ければ通常必要無いと思われます。

皮膚血管炎が疑われた場合には、血管炎の基礎疾患を検討する必要があります。

似たような症状を示す疾患として、全身性エリテマトーデス(SLE)多形紅斑/中毒性表皮壊死症水疱性類天疱瘡尋常性天疱瘡、凍傷、薬物有害反応(薬疹)があります。

犬で耳介病変のみられる時には、耳介辺縁皮膚症も考える必要があります。

診断のポイント
類似の疾患の除外と病理組織学的検査

皮膚血管炎の治療

基礎疾患がある場合には、その治療を行います。

治療は、グルココルチコイド(ステロイド)を病変部が消失するまで(治療開始後2~4週間)投与し、その後数週間(8~10週間)かけて隔日投与で寛解(病状が落ち着いた状態)が得られる最低維持用量まで、用量を徐々に減らします。

グルココルチコイド(ステロイド)に反応しない場合には、デキサメサゾン、ダプソン、スルファサラジン、テトラサイクリンとニコチン酸アミド、ペントキシフェリンなどの有効性が報告されています。

また、アザチオプリン、シクロフォスファミド、クロラムブシル、シクロスポリンの単独もしくはグルココルチコイド(ステロイド)との併用で用いることもあります。

使用した薬に関わらず、4~6ヶ月後に治療が終了できる場合があるとされる一方で、寛解を維持するために長期間の維持治療が必要になる場合もあります。

診断のポイント
基礎疾患の治療とグルココルチコイド(ステロイド)等による治療

予後

基礎疾患、皮膚病変の広がり、他の臓器の関与の程度によって予後は様々です。

まとめ

犬の皮膚血管炎について解説しました。耳介先端にみられる虫食い状の潰瘍状病変が、最も分かりやすいタイプの皮膚血管炎だと思われます。

しかし、耳介にみられる皮膚病変は皮膚血管炎に限らず様々なものがあるので、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

レクタングル大
レクタングル大

▼記事が気に入ったらシェアをお願いします

▼よろしければフォローをお願いします
この記事をお届けした
わんらぶの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!